白井 さゆり 慶応。 元日銀委員が予想する2019年「4つのリスク」:日経ビジネス電子版

英のEU離脱、北アイルランド特別扱いしかない

白井 さゆり 慶応

給付金総額は6兆円程度のため、コロナ危機が長引けば今後給付金の追加支援の拡充が待たれる。 日本銀行が2013年4月に非伝統的金融緩和政策を開始して、4年半が経過した。 不安感で投資家がお金を出そうとしないためだ。 私が日銀に入行する前から思っていたのは、一般的に、日本人はリスクを取らない。 成長期待やインフレ期待が米国ほど高くないからです。 319-345. 「今から自分で資産運用するとしたら?」という仮定のもと、どのようなポートフォリオを構築するのかを聞く。 グローバル• チームビルディング• ところが、経済のV字回復は考えにくい。

次の

コロナ終息後の経済V字回復はあり得ない 危機で顕在化した巨大リスク、求められる処方箋は

白井 さゆり 慶応

CS(顧客満足)・ES• 会見本番では「イールドカーブのフラット化」「インプリシット・テーパリング」といった横文字の経済用語がポンポンと口をつき、難解な金融論がリズムのいいテンポで展開された。 ご自身は著書の中で「時期尚早と考えたから」と述べているが、この日も市場の反応、副作用への批判など例を挙げながら懐疑的な姿勢を示した。 2017年は2016年以上に、資産価格の変動が大きな年になると想定しています。 あわせて読みたい• 2017年2月 ロイターインタビュー「日銀は年内長期金利目標上げ・国債減額を、持続性が重要」2月16日。 このため、実質長期金利を引き下げていくには、名目長期金利を引き下げるとともに、インフレ期待を引き上げる必要がある。 ——2016年の振り返りを踏まえて、2017年はどのような年になるとお考えですか。

次の

掲載記事

白井 さゆり 慶応

ニュース 総合政策学部教授 中室 牧子 4月28日 Yahoo! 私にとっては、現在の米ドルは高すぎるので、米ドル預金は新たには増やさないですね。 今はNISAや個人型DCといった国の後押しもありますし、昔と違って個人投資家が持てる金融商品にも幅があります。 ————株式はインデックス中心とのことですが、あえて業種を挙げるとどうでしょうか。 1(2016年11月)• 家計はもともとインフレ率が将来かなり高くなると予想する傾向があるため、インフレ予想の水準が高い点には留意が必要だが、金融緩和がほとんど影響していないことは明白である。 オリンピック・パラリンピック• 注目点は為替問題で、トランプ大統領は記者の質問に対して通貨の切り下げに言及し、きわめて短期間で公平な条件を取り戻して通貨安誘導を阻止する構えを強調した。 また世界の通信関係者から頻繁に取材を受けている。

次の

「もし私が今から資産運用するならば ポートフォリオ発表」白井さゆり・慶應義塾大学総合政策学部 教授 (2017年2月3日)

白井 さゆり 慶応

3元程度で人民元をドルに対して固定する為替制度を撤廃して以来、2013年末までは人民元高が続いてきたからだ。 英国シンクタンクCEPR政策ポータル にも多くの専門記事・論文を執筆・解説。 国内総生産(GDP)の1割程度に相当し、リーマン・ショック時の3倍程度だ。 『社会思想史断章』日本経済評論社、• 8, Ed. 物価上昇2%目標の2段階アプローチなど持論を熱く展開。 時間もかかるし支給額も少ないといった不満が出るのは仕方ない。 日本も世界も感染者数はやがて減っていくだろう。

次の

英のEU離脱、北アイルランド特別扱いしかない

白井 さゆり 慶応

62, No. FRBは前述したように、こうしたローンを担保に銀行貸出を増やした。 (編著)『慶應義塾労働組合 1962-1963』私家版、• 9月より慶應義塾大学・総合政策学部教授。 アジア開発銀行研究所客員研究員 その他:Bretton Woods Committee Memebr. 米国側でも、同じ傾向が確認できる。 米国の貿易問題は日本にとって厳しくなるでしょう。 コロナ危機が長期化すれば、米政府はさらに財政支出を増やすだろうし、金利急騰を抑えるため、FRBの買い入れもおのずと増えていくであろう。

次の

英のEU離脱、北アイルランド特別扱いしかない

白井 さゆり 慶応

図1は、インフレ予想の動向を示している。 経済への影響は2008年のリーマン・ショックを超える深刻さとの見方も広がる。 資産運用・相続• 「世界ゼロ・マイナス金利下の企業経営」世界経済評論、2020年3月4日号• 「書評:会田真著『20億人の未来銀行』」週間エコノミスト2018年10月23日号• 中東が大きく割れる 第2のリスクは、トランプ大統領のスキャンダルにも関連する中東情勢です。 人生・働き方• 9月期GDP速報値について」11月14日(英語)。 一つは、実質長期金利を大きく下げて、「今、お金を借りなければ損」という状況を作り出し、消費、住宅投資、設備投資を拡大することで需給ギャップを改善しつつ、インフレ率やインフレ期待を引き上げていくことにあった。

次の

略歴

白井 さゆり 慶応

というのは、中国では、2005年7月に1ドル=8. 44-45。 今後発行される新規国債発行の多くはFRBが市場経由で買い入れるであろう。 子育て• 投資家心理が以前の状態にすんなり戻らず、市場が正常化しない事態が長引くことを想定しておく必要がある。 だが、そうした議論は現在の非常事態ではほとんど意味をなさないであろう。 2016年6月 金融財政事情「時論」『超金融緩和の分岐点』6月13日号 2016年 6月 時評インタビュー 山本雄二郎の「この人と話そうー日本の現実と未来」 2016年 5月 金融財政事情5月23日号試練の金融政策シリーズ・インタビュー「異次元緩和は経済学の教科書に書かれていない世界に突入した」 2016年 5月 テレビ東京モーニングサテライト出演 特集「物価の基調は何で見る? 働き方・生産性向上• その結果、同月だけで1・6兆ドル(GDPの7%弱)も金融資産を膨張させている。

次の

元日銀委員が予想する2019年「4つのリスク」:日経ビジネス電子版

白井 さゆり 慶応

米国の財政赤字がGDPに占める割合は、昨年の5%弱から今年は15%近くに膨張するとみられる。 損失補償をするうえでは地方政府支援の大幅な拡充も必要であろう。 30か国前後の米国、欧州、中国を含むアジア、中東など世界各国の中銀・政府関係者者、国際機関、有識者・金融機関・投資家などが主催する国際会議で講演・パネル討論会に討論者として出席および率直な意見交換を実施。 中国の徹底したヒトの移動と活動の停止で感染拡大は抑えられるとの楽観論は裏切られた。 日銀は、これらの目的を果たしたと主張する。 「書評:日本の中小企業 著者 関満博」週刊エコノミスト2018年2月6日号• 2016年11月 日本経済新聞「日曜に考える:波乱の欧州統合」インタビュー11月6日。 中国を念頭に置いているのは間違いなく、今年4月の米国財務省による為替報告書の発表を待たずに、近く中国を「為替操作国」と認定し、高関税を適用する可能性がある。

次の