デサント オルテ ライン。 デサント オルテライン / 2019 水沢ダウン シャトル

デサント オルテライン / 2019 水沢ダウン シャトル

デサント オルテ ライン

快適で軽量、単純にダイヤルを回すだけでお好みのしめつけを得ることができます。 伸縮性があり、生地のストレッチ性を活かし、軽量でしなやかな風合いを実現しました。 ダウンジャケットは雨や雪などに弱く、ステッチのミシン目から水が侵入し、 羽毛が濡れてしまうため十分な保温性が保たれない、またステッチ部分の隙間よりダウンが抜け落ち易い等の欠点がありました。 全波長ってのがむしろ怪しく感じてしまいましたけど!www 最後のTwo in One。 分かります? ひじと肩 うっすら白っぽくなってるのがお分かりいただけますでしょうか? これね、Dermizaxの生地の中にKevler繊維が織り込まれてるの・・・ 例えば強度な必要な部分だと、別の生地を張り付けるじゃないですか。

次の

【公式】オルテラインバックパック“CLP 26”|デサントオルテラインサイト|DESCENTE ALLTERRAIN

デサント オルテ ライン

水に濡れ、ダウンに浸透することによりその性能は損なわれる。 Vermeerist BEAMS• ハンパない!!!!! 次のSchematech(スキーマテック)というのは、説明が難しいのでパス。 デサントのものづくりのエッセンスを凝縮したコレクションともいえる、 このオルテラインのデザインコンセプトは『Form follows function』です。 BEAMS LIGHTS• シームレスだと思ってもらえればOKです。 それが、スポーツウェアを何年も作り続けてきた「技術者」たちにより、 具現化されるのです。 fennica• 縫製が必要な箇所はシームテープ。

次の

デサント オルテライン / 2019 水沢ダウン シャトル

デサント オルテ ライン

B:MING by BEAMS• 驚くほど軽く、シワにもならず、汚れにくいにので、安心してあらゆるシーンで着用できますね! 冬はこれからが本番みたいです!そろそろ準備しましょう~! それではまた。 特定の年齢層や、特定のシーン、領域というものを敢えて考えずに、 かつ流行に流されない真のモノづくりはなにかということに取り組む、 このことをオルテラインのデザインの根幹においています。 カテゴリー• 細部にも抜かりはない。 というふうに思ってます。 デサントの工場では、国家資格で認定された技能士たちにより縫製が行われます。 。

次の

diaries blog

デサント オルテ ライン

水沢ダウンのマウンテニア 今回購入したのがこちら。 2008年の開始から国内はもちろん海外からも非常に高い評価を受ける定番アイテムで、2010年のバンクーバーオリンピック日本選手団のオフィシャルスポーツウェアとして採用された事が人気もきっかけともなっている。 ジッパー・縫い目からも水の侵入を防ぎます 主要なジッパーは『止水ジップ』を採用。 本体は軽量で耐久性に優れるCORDURAR POLYESTER 450Dを採用。 コンパクトなサイズ感で、着丈もやや短い設計でスッキリ。

次の

【公式】オルテラインバックパック“CLP 26”|デサントオルテラインサイト|DESCENTE ALLTERRAIN

デサント オルテ ライン

水沢ダウンの開発は「着る人にとってのダウンジャケットの弱点はなにか」を見つめ直すという、これまでとは全く異なるアプローチで2007年にスタートしました。 ドウゾ! 【アイテム】Titanium Thermo Insulated Coat 【価格】¥68,200-(税込) 【コメント】 こちらは先ほどのメンズのやつよりはゴツくないレディースのコート。 なので、防水面が強いかな。 下から冷たい空気が入るのも防いでくれる。 もちろん防風防水透湿。 デザントとデサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN)について デサントは1935年に石本他家男氏により創業(当時は石本商店)、1961年に現在の社名であるデサントに改名して現在に至る。 コートと身体の空間を調整することで冷気の進入を抑制し、効率よく保温性を高めることが可能。

次の

diaries blog

デサント オルテ ライン

ダイアリーズの今日は何の日? 今日は「スケートの日」だそうです。 Ray BEAMS• この工程は、デサントのものづくりの心臓部といってもよいでしょう。 楽しみ。 でも前を開けると、 また出たよ。 ものづくりへの熱意は、人の手から手へバトンのように引き継がれます。

次の

【公式】水沢ダウン|デサントオルテラインサイト|DESCENTE ALLTERRAIN

デサント オルテ ライン

水沢ダウン(MIZUSAWA DOWN)とは? 水沢ダウンは、スポーツウェアメーカーであるデサントの岩手県奥州市にある水沢工場で生産されるダウンの事。 Demi-Luxe BEAMS• ALL(全て)とTERRAIN(地形)を組み合わせた造語で「デザインは全て機能性に従事したものである」のコンセプトを元に流行にとらわれないものづくりを行っている。 そしてDESCENT ALLTERRAINの面白さは、結果としてのウェアではなく、 デザインの過程にあることに気づきました。 今回の生地には、優れた伸縮性と軽量性、かつ防風防水に高い威力を発揮する『ENTRANT FLOATECH NYLON 3L』を採用しています。 マーケティングチームによって企画されたアイデアは、 デザイナーの創造性により、時間をかけて一枚の画になります。

次の

【公式】オルテラインバックパック“CLP 26”|デサントオルテラインサイト|DESCENTE ALLTERRAIN

デサント オルテ ライン

さらにチタニウムシートというのは、 スパッタリング技術を応用し、 チタンをナノ単位の薄膜でコーティング。 細身ながら、適度な伸縮性があるのでストレスなく着用できます。 このForm follows functionという言葉は、もともとアメリカの建築家である ルイス・サリバンという方が提唱した言葉です。 そして外れるとこうなります。 フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能。 この着丈変えて数に入れるてのは反則ぽいですが?w まあオフィシャルがそう言ってるのでいいんです!!! このムチャクチャだけど合理的。 Brilla per il gusto• メインのヘビーアウターとして、真冬の0度を下回る寒さのなかでも悠々と過ごせる暖かさが求められる。

次の