絨毯 爆撃。 ドレスデン爆撃

爆撃機

絨毯 爆撃

死者2598名。 5月に第一航空軍が新設され、続いて、第十八飛行団司令部、第十九飛行団司令部が設けられ、12月には防空戦闘機隊はすべて三個中隊を持ち、また司偵隊も専属の中隊に規模が大きくなり、防空の三個飛行団の合計は270機に増強されていた。 早乙女勝元『東京大空襲-昭和二〇年三月十日の記録』岩波新書• Jefferson, N. , p. 11月27日には中島飛行機武蔵製作所2回目の空襲。 主として中野・四谷・牛込・麹町・赤坂・世田谷方面。 3月10日のから焼夷弾を集中投下するが本格的に開始され、耐火性の低い日本の家屋に対し高い威力を発揮した。

次の

爆撃機

絨毯 爆撃

第二次世界大戦において、都市以外を主目標とした戦略爆撃もあり、欧州では1943年5月にドイツのに電力を供給するを破壊した、同年8月のの油田爆撃()、日本では1944年11月の東京西部武蔵製作所(主力航空機のエンジン生産工場)爆撃などがある。 京都が大規模空襲を免れた経緯については、文化財保護の目的で作成されたによって京都の大規模空襲が避けられたという説があるが、実際には初期の段階で原爆投下目標都市として京都が計画されていた上に、小規模ながら西陣地区などのも行われており、文化財保護の為に京都を空襲しなかったという説は根拠性が乏しい。 [ ] 国民党政府は軍事施設を重慶市内に置き住民を盾として、空爆に対する充分な都市防御策を取っておらず、の不足や換気装置の不備による事故などもあり、多数の犠牲者が発生した。 死傷者687人。 そこが革命的であり、画期的な美点とされた。

次の

戦略爆撃

絨毯 爆撃

彼は、ドレスデン爆撃は連合国の国民がはじめてナチスを倒すための軍事作戦に疑問を持った瞬間だったと論じている。 の空襲はイギリス軍とアメリカ軍とでともに行う予定だったが、上空の気象状況のためアメリカ軍機は離陸できなかった。 これでは軍人となる若者を育てている家庭もすべて軍事施設だ、ということになりかねない。 これに対して、の政府は首都機能を南京からに移転した。 7月6日 B29・131機。 横浜は内25回 上記の大空襲を含む 主要地方都市 [ ] 便宜上、本土ではない地域()の空襲も記述する。

次の

日本本土空襲

絨毯 爆撃

これらの爆撃でハンセルは焼夷弾による無差別爆撃をテストしており、大規模な無差別爆撃の準備を進めていた。 6月28日 呉大空襲• 8月14-15日 B29・89機。 米軍が記録した日本空襲 p195• 7月14日。 罹災人口60,599人(うち死者902人)。 カー「戦略東京大空爆」 大谷勲訳、1994年• は地上軍による重慶の攻略を計画したが、重慶が天然の要害の地である事や、の問題もあり、即時攻略は困難であるという結論に達した。

次の

東京大空襲と重慶爆撃の違い

絨毯 爆撃

戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用 1 昭和十三年初期まで57頁• 当初1944年(昭和19年)11月、第21爆撃集団司令官准将は1944年11月23日から出撃命令を出し、初空襲はとなったが、マリアナ基地の未完と悪天候で戦果が上がらなかった。 ある家がボルトを作り、隣の家がナットを作り、向かいの家がワッシャを作っていた。 なお、松山地方裁判所検事正からの7月30日付の報告書には、死者301名、重軽傷者520名、行方不明12名、罹災民約82,000名と記されている。 海軍火薬廠、日本国際航空工業、第二海軍航空廠平塚分工場、横須賀海軍工廠造機部平塚分工場がターゲットであったとされ、人的被害は比較的少ないが大規模な爆撃。 焼失家屋14,000戸。 6月22日 (現航空自衛隊岐阜基地付近)B29・44機。

次の

日本本土空襲

絨毯 爆撃

3月19日 アメリカ軍機動部隊、室戸岬沖80キロの近海に来襲。 当時の公式記録(Tagesbefehl 47)によれば、までに、戦争に関係あるなしにかかわらず25,000人ほどを埋葬したという。 アーノルドはルメイが中国から行った高い精度の精密爆撃の腕を買い、1944年11月13日の時点でルメイの異動を検討していた。 街での被害が大きかったため、那覇空襲とも呼ばれる。 渡辺洋二『死闘の本土上空』文春文庫40-41頁•。

次の

日本本土空襲

絨毯 爆撃

3月10日 - (下町大空襲)。 熊本県の百年 1987 森田誠一ら、山川出版社、東京、市制百周年記念 熊本 歴史と魅力 1989 、 熊本日日新聞 熊本 ふるさとの思い出 写真集 明治大正昭和 1955 図書刊行会など• 、航空戦力の本質を攻勢とし空中からの決定的破壊攻撃を説いた()の『制空』が発刊され、世界的反響を生んだ。 経緯 [ ] 立案 [ ] 初頭から、の軍事・政治関係者は、ドイツへのソ連軍の進軍をいかにして空から援助するかを協議していた。 ワーデンは国家を戦略的麻痺に陥らせるためには五つの機能に対して平行攻撃を行うことを主張している。 植民地からの脱出、独立にも間接的ながら(一部は直接的に)貢献した、と思うのだ。

次の