ネクロ の 花嫁 元 ネタ。 #ネクロの花嫁 ネクロの花嫁

ネクロの花嫁 歌詞「びす」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

呼吸をさせるようにゆっくりとその口に息を吹き込む。 陶磁器のような白く美しい肌が蘇る。 一目見たときから、私は彼女に惚れてしまったのだ。 。 『ねぇ、私はもう長くない。

次の

#ネクロの花嫁 ネクロの花嫁

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

体液で黒くなってしまった衣服では嫌だろうとドレスを新調する。 物謂 monoi わぬ wanu 口唇 kuchibiru に ni 生気 iki を wo 吹 fu き ki 込 ko んで nde 今宵 koyoi「 」 あなた anata は ha 甦 yomigae る ru あの ano 頃 koro の no 姿 sugata で de 白肌 shirohada の no 娘 musume が ga 咳 seki をした woshita 「 この kono 身体貴方 karadaanata に ni 捧 sasa げるわ geruwa」 白服 shirofuku の no 医者 isya が ga 囁 sasaya いた ita 「 迎 muka えに eni 行 i くよ kuyo」 白肌 shirohada の no 娘 musume は ha 朽 ku ち chi 果 ha てた teta 世界 sekai の no 誰 dare にも nimo 見棄 misu てられ terare 白服 shirofuku の no 医者 isya は ha 憐 awa れんで rende 誰 dare も mo 知 shi らない ranai 居場所 ibasyo で de 眠 nemu らせた raseta 朽 ku ちてもまだ chitemomada 美 utsuku しい shii 顔 kao で de ふたりしかいない futarishikainai 霊廟 reibyou で de 医者 isya は ha 恋 koi をした woshita それは soreha 永遠 eien の no 恋 koi か ka 禁断 kindan の no 行為 koui か ka また mata 逢 a いたいと itaito 願 nega うだけ udake それが sorega 罪 tsumi なのでしょうか nanodesyouka 物謂 monoi わぬ wanu 口唇 kuchibiru に ni 生気 iki を wo 吹 fu き ki 込 ko んで nde 今宵 koyoi ふたりは futariha 結 musu ばれる bareru 祝福 syukufuku もされずに mosarezuni 「 腐 kusa り ri 堕 o ちた chita 眼孔 gankou に ni 青 ao い i 硝子 garasu を wo」 「 破 yabu れかけた rekaketa 腕 ude に ni 絹 kinu の no 肌 hada を wo」 「 侵 oka された sareta 内臓 naizou に ni 綿 men の no ガ gaー ゼ ze を wo」 「 宝石 houseki で de 飾 kaza った tta 純白 shiro い i ドレス doresu を wo」 朽 ku ちゆくたび chiyukutabi 取 to り ri 繕 tsukuro って tte 恋 koi を wo 謳 uta ってまた ttemata 医者 isya は ha 手 te を wo 染 so め me 続 tsudu けた keta やがて yagate 暴 aba かれたのは karetanoha 醜悪 miniku い i 怪物 kaibutsu で de 「 」 それ sore を wo 造 tsuku り ri 上 a げた geta 医者 isya は ha 辯駁 benbaku を wo 叫 sake んだ nda 「 これは koreha 永遠 eien の no 恋 koi だ da 彼女 kanojo の no 願望 negai だ da 死 shi にゆくと niyukuto 決 ki めたお metao 前 mae らが raga 見棄 misu てた teta 女 onna じゃないか janaika」 嗚呼 aa 哀 kana しき shiki 花嫁 hanayome 物謂 monoi えぬままで enumamade 今宵 koyoi ふたりは futariha 裁 saba かれる kareru 彼女 kanojo を wo 見棄 misu てた teta 人達 hitotachi の no 正義 seigi で de 正 tada しいのはだあれ shiinohadaare? この願いを抱くことは、罪なのだろうか? 人に恋をすることは、罪なのだろうか。 それが罪なのでしょうか。 この手が汚れることなんてなんでもない。 だから、だからね……私を守ってくださるかしら……?』 彼女のその言葉に、僕はうなずいてその手を取った。 ああほら、良く似合っているよ。 私が死んだら、貴方にこの身体を捧げるわ。

次の

#ネクロの花嫁 ネクロの花嫁

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

物謂 ものいわぬ 口唇 くちびるに 生気 いきを 吹 ふき 込 こんで 今宵 こよい「 」 あなた は 甦 よみがえる あの 頃 ころの 姿 すがたで 白肌 しろはだの 娘 むすめが 咳 せきをした 「この 身体貴方 からだあなたに 捧 ささげるわ」 白服 しろふくの 医者 いしゃが 囁 ささやいた 「 迎 むかえに 行 いくよ」 白肌 しろはだの 娘 むすめは 朽 くち 果 はてた 世界 せかいの 誰 だれにも 見棄 みすてられ 白服 しろふくの 医者 いしゃは 憐 あわれんで 誰 だれも 知 しらない 居場所 いばしょで 眠 ねむらせた 朽 くちてもまだ 美 うつくしい 顔 かおで ふたりしかいない 霊廟 れいびょうで 医者 いしゃは 恋 こいをした それは 永遠 えいえんの 恋 こいか 禁断 きんだんの 行為 こういか また 逢 あいたいと 願 ねがうだけ それが 罪 つみなのでしょうか 物謂 ものいわぬ 口唇 くちびるに 生気 いきを 吹 ふき 込 こんで 今宵 こよいふたりは 結 むすばれる 祝福 しゅくふくもされずに 「 腐 くさり 堕 おちた 眼孔 がんこうに 青 あおい 硝子 がらすを」 「 破 やぶれかけた 腕 うでに 絹 きぬの 肌 はだを」 「 侵 おかされた 内臓 ないぞうに 綿 めんのガーゼを」 「 宝石 ほうせきで 飾 かざった 純白 しろいドレスを」 朽 くちゆくたび 取 とり 繕 つくろって 恋 こいを 謳 うたってまた 医者 いしゃは 手 てを 染 そめ 続 つづけた やがて 暴 あばかれたのは 醜悪 みにくい 怪物 かいぶつで 「 」 それ を 造 つくり 上 あげた 医者 いしゃは 辯駁 べんばくを 叫 さけんだ 「これは 永遠 えいえんの 恋 こいだ 彼女 かのじょの 願望 ねがいだ 死 しにゆくと 決 きめたお 前 まえらが 見棄 みすてた 女 おんなじゃないか」 嗚呼 ああ 哀 かなしき 花嫁 はなよめ 物謂 ものいえぬままで 今宵 こよいふたりは 裁 さばかれる 彼女 かのじょを 見棄 みすてた 人達 ひとたちの 正義 せいぎで 正 ただしいのはだあれ? あの頃と遜色ない、美しい姿のままで。 いくらでも黒に染めようじゃあないか。 ………ああ、そうだ。 さぁ 今宵、君は蘇る。 だが、彼女はそのときすでに病に侵されていたのだ。

次の

ネクロの花嫁 歌詞「びす」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

彼女を守るためならば、彼女を美しく保つためなら。 彼女は世界の誰からも見棄てられ、僕はたった一人、彼女を助けようとした。 彼女の肌は陶器のように白く、滑らかで、それでいて温かかった。 今宵僕たちは裁かれる。 静かなこの世界で、彼女と二人で生きていくことのなんと素晴らしいことか。 どこかが朽ちていくたびに、新しい部品をもって取り繕う。

次の

ネクロの花嫁 歌詞「びす」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

彼女の蒼い瞳が煌く。 誰からも祝福されることはないけれど、それだってかまわない。 哀しき花嫁は、物を謂うことすら叶わない。 彼女の美しい身体も、腐敗は止められなかった。 外の世界は彼女を必要としないが、僕にとっては彼女とのこの霊廟が世界のすべてだった。 ああ、どうしようか。 純白のドレスをまとった彼女は世界の何よりも美しい。

次の

ネクロの花嫁 歌詞「びす」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

彼女の美しさはその命が朽ちてもなお失われることはなく、僕と彼女しかいない霊廟で、僕は彼女に再び恋をしたんだ。 『大丈夫、僕はたとえ君がどんな姿であろうとも、君を迎えに行くから……そうしたら』 物謂わぬ赤い唇に、そっと口づけを落とす。 僕をまっすぐに見つめてくれる綺麗な眼だ。 これで彼女のへこんでしまったお腹も元通りだ。 僕は彼女の願いを叶えたかっただけ。

次の