フェイク バスターズ nhk。 フェイクバスターズ/動画/見逃し配信/再放送2019年12月19日フル無料視聴まとめ|ムービー館

#フェイクバスターズ X nhk

フェイク バスターズ nhk

しかも、アイコンには浜田さんの高校時代の卒業アルバムから切り出した写真が使われていました。 ノエルさんはSNSでの中傷にも屈せず、「本当の自分」を取り戻すため、市民1人1人に自らの経験を語り続け、オーストラリアのディープフェイク対策の法制化や同様の被害に遭った人たちへの支援を続けています。 MCは、ユーチューバーとしても大活躍中の 中田敦彦さん。 例えば、医療関係者や感染した人に対する差別的なツイートをして、 感染防止に役に立つのか? あるいは「ウイルスは生物兵器」などの陰謀論をリツイートすることで、 感染防止に役に立つのか? もし役に立ちそうもないならば、その リツイートの手をいったん止めてみるというのが、1つの考え方ではないかと思います。 「まるで新聞記者が特ダネ争いをするように、『自分が一番にこの情報を見つけた』という心理に陥っているのではないでしょうか。 参考にするなら、まずこうした情報から。

次の

“フェイクニュース”に立ち向かう

フェイク バスターズ nhk

一方で、しばらく会っていない中学や高校時代の友達の中には、偽アカウントの投稿を信じ、「あいつ変わっちゃったな」と受け取った人もいたそうです。 「デマの否定」が逆にデマを広めたか トイレットペーパーに関するデマをさらに分析すると、意外なことがわかってきた。 だからこそ、ニュースを拡散する前に、いかに私たちが冷静になって事実かどうかの判断をすることが、何より重要なのです」と言います。 これは医学に限らず、すべての情報に当てはまることだと思います。 その人間がいきなり、ひぼう中傷されて、個人情報の漏えいまでされて、司法は不起訴って言う判断で。 だから悪い意味でSNSと親和性が高くなってしまう。

次の

NHKフェイク・バスターズで、ディープフェイクが取り上げられ、話題に!?

フェイク バスターズ nhk

こうした拡散を行っている人たちは、全員がリアルな人物なのか。 暴行する男の隣で、携帯電話で写真を撮る女が、笹原さんだというデマが流れていた。 ノエルさんがSNSにあげていた動画を、誰かが別のポルノ動画と合成したものとみられる。 先月、都内のカフェで開いた相談会には、10代から40代の8人が集まりました。 中には酒の瓶や鎖がある。 『私はフェイクだとわかっているから、フェイクだと気づけているだけなんだ』と。 ですので、その情報の 「出典は何か」「エビデンスはあるのか」を、常に考えておきましょう。

次の

5/5放送「フェイク・バスターズ」番組ダイジェスト① “デマと差別”

フェイク バスターズ nhk

それで、ああそうか、ここに諦めない人がいるじゃないかと。 それが予想どおりに起きている。 今回、画期的だと感じたのは、クラスター対策班のような公的情報を担う専門家集団が公式Twitterアカウントを作ったことです。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 「私は思ったんです。 書き込みをした人物との戦いは2年たった今も続き、法手続きの過程では予想外の壁にぶつかってきました。

次の

5/5放送「フェイク・バスターズ」番組ダイジェスト① “デマと差別”

フェイク バスターズ nhk

アクセスログと呼ばれる通信記録は3ヶ月から6ヶ月しか保存されないことが多いため、時間がたつとデマ拡散の人物の特定が難しくなってしまうからです。 その後、同級生の間で「大崎さんが殺した」「大崎さんが見捨てたからだ」というデマを流されたといいます。 若い世代は動画で情報収集する人が増えている一方、最近はフェイク情報も多く出回っているといいます。 ただ人間ですからヒューマンエラーがあるので、当然(専門家でも)誤ることがあります。 多くの専門家の意見が一致している部分を探ろう Q.医学の専門知識がない私たちは、どうしたらいいの? 今回のような新しい病気に直面している状況では、専門家の意見が一致している部分と、一致していない部分が必ずあります。 もしあなたが被害者になったら 中田:潤奈さんも同じように完全なデマを流されて、否定したんですよね? 潤奈:そうです。 轟さんが試したものは「補完代替療法」と呼ばれ、大野医師によるとその市場規模は今、推計で年間2兆円近くに達しているという。

次の

#フェイクバスターズ X nhk

フェイク バスターズ nhk

デマを拡散された女性を救ったのはある1つの行動でした。 女性は失恋をきっかけに、飛び降り自殺を考えていたところだったそうです。 最後は「ご」でなくて「こ」になってしまいましたが、この7つのポイント、ぜひ覚えておいて下さい。 『あなたの信念が間違っている』と言おうとしている訳じゃない、と入っていかないと信じている人を説得するのは難しいと思います」 自分の考えに疑問を持ち始めた山本さん。 「本当に不気味でした。 そういう状況に患者さんがさらされているということを十分認識した上で、対応策を変えていかないといけない時代になっていると思うんですよ。 どのデータを誰と共有するのか、その判断は私に委ねられているのです」 こうしたデータを使ったひとつの動きを取材しました。

次の