福島 交通。 福島交通

福島交通

福島 交通

2010年5月7日 2010年5月7日閲覧 外部リンク [ ]. 5月に、高騰等を理由に高速バス運賃・発売額の値上げを行った(一部路線を除く)。 - 福島交通公式ページ、2019年11月18日閲覧• 同日より、福島駅東口発の市内循環線の100円バス実験運行を開始する(実施期間延長により現在も継続中)。 - 飯坂東線全線廃止。 10月1日 - 福交整備(株)を設立。 (昭和44年)• 12月1日 - と共同で「バス待ち郵便局真っ向サービス」を開始()。 定期券 一度ICカードを定期券として購入すると、同じカードを繰り返し利用可能となる、通用期間が切れたカードでも更新手続きを行えば、新たな定期券として利用可能。

次の

福島交通の路線バス系統一覧|路線バス情報

福島 交通

車両 [ ] 福島交通が所有しているバス車両については、が福島交通のである関係から長年製で統一されていた。 外部リンク [ ] に関連するメディアがあります。 高速バスにおいても、定期券の発売が行われている。 (2年) 仏坂下駅を小川橋駅に改称。 0 141. 内は共同運行会社• (平成21年)• (昭和43年) - 福島交通不動産(株)を設立。 2 5,418 0. (国立国会図書館デジタルコレクション)• 電化区間:全線(直流1500V)• 鉄道事業 [ ] 観光貸切車 路線 [ ] 一般路線 [ ] 1960年代から1970年代後半まで、全域と北部へバス路線を広げていった関係上、1980年代初めからの利用者減少によって赤字路線が次第に多くなり、現在もバス事業の経営は厳しいものとなっている。 8 4,414 0. 0 :・・・() : | 0. 5 55. 5 82. - 電気車研究会• 6 440. - 福島商工会議所の実験事業により、無料バス「ももりん号」の運行を開始。

次の

福島交通の路線バス系統一覧|路線バス情報

福島 交通

定期区間を乗り越しても自動的に差額の支払いができる、定期区間外の乗車の場合はその区間の運賃のみが精算される。 0 小川橋駅 -1935以降 小川 8. 愛称については、社内公募により『(ノルカ)』とすることが、2010年に決定した。 - 公式サイト. 高速バスの経営状況については一般路線とは異なり、運行本数の増回や・といったグレードの高い車両を導入するサービスを行うなど、利用者が多く好調である。 11月1日 - 郡山・宇都宮 - 名古屋間の夜行高速バスが発着に延長される。 0 収入実績 [ ] 飯坂線の近年の収入実績を下表に記す。 2018年11月30日閲覧。

次の

福島交通飯坂線

福島 交通

残る7101号車と7202号車の2両は2019年3月31日限りで定期営業運転を終了した。 乗降箇所:相馬市役所前 - 相馬営業所 - 新地町役場(新地小川、から) -• 本社は福島県東浜町7番8号、貸切部門の本拠は福島県向河原町2番23号にある。 6 | 0. (昭和57年) 飯坂温泉駅が移転し0. 12月 - 須賀川営業所 建物建替• 福島交通 2017年5月22日. 0 飯坂温泉駅が移転 1983年(昭和58年) 185. 、郡山支社管内でが導入され、郡山駅発着の全路線と、郡山市周辺を運行する路線で利用可能となった。 ( 2010年5月7日。 安全のためバス停車時に行うこと。 0 56. 詳細は、予め確認されたい)。

次の

福島交通観光

福島 交通

- 軌道線 福島 - 伊達 - 飯坂(湯野)間 電化開通。 福島支社に2台、郡山支社に1台ずつ導入される。 福島民報. 桜水 - 飯坂温泉間でバス代行輸送。 発売開始当初は若松 - いわき間通しの定期券も発売されていたが、後にこの全区間通しの定期券は廃止されている。 (大正14年) - 前谷地駅を笹谷駅に改称。 - 福島交通、2019年9月5日(2019年10月5日閲覧) 参考文献 [ ]• - 福島市内のバス車両がされる。 8 7,244 0. 0 泉 - 上松川間が7か月間不通になる 1990年(平成2年) 135. 0 61. 7 450. 2018年11月30日閲覧。

次の

福島交通

福島 交通

フクコー・アド• (昭和36年)• - 福島市内で無線式、磁気式バスカードシステムの運用を開始。 - 福島交通の子会社だった(福交グループ入りの前はの子会社であった)永楽観光自動車()を譲受し、同社東京営業所としている。 運転士が乗車券回収を行うこともある。 - 信達軌道が福島停車場前 - 十綱(のちの飯坂、湯野町)間、本社前(のちの聖光学院前) - 長岡停車場前(のちの伊達駅前)間開業。 - 高速バス・福島 - 山形線「」の運行を開始。 0 3. 2006年以降も規模は縮小されたが、シールを貼って運行されていた。 2019年10月26日閲覧。

次の

福島交通

福島 交通

4 86. (平成12年)• から路線バス撤退。 8 206. 「那須ロイヤルセンター」営業終了(廃業)• 大型レジャー施設「」開業。 ただし、、は運休。 - レスポンス、2018年1月16日• 乗降箇所• 同日、福島市の平野車庫跡地に、を開設。 福島電気鉄道が飯坂電車を合併。 (平成10年) - 高速バス「」福島 - 新宿間の運行を開始。 JR東北本線と共用している福島 - 美術館図書館前間の踏切が復旧されず、同年4月1日まで各踏切に踏切防護要員を配置。

次の