スター ストリングス より。 スターストリングスより(つくしあきひと) : 竹書房

COMITIA

スター ストリングス より

最後に、コミティアに参加しているサークルさんにメッセージをお願いします。 まだなにも知らなかった自分を鏡で見ているようで、だからこそナナチは彼女を行かせたくなかった。 求めてやまない『誰か』は、暖かな音色の『誰か』は、自分をきっと待ってくれていた『誰か』はその先にいる。 ゲーム会社の社員時代から、初めての同人誌を経て、WEB連載に至る過程、そしてこれからの展望を聞きました。 南海べオルスカの孤島に位置する世界最大の縦穴。

次の

COMITIA

スター ストリングス より

ありがとうございました。 道中、ライザの旧友・オーゼンから課せられた厳しい試練を乗り越え、更に、瀕死の重傷を負ったリコを救ったナナチを仲間に迎え冒険を続ける一行。 これから出る本をさがす• なにをせずともコロルの体は少しづつ正常な状態へと戻っていったのだ。 一番最初の記憶にある寂しさ。 空の向こうの星に」 「んなぁ…」 「これ以上待たせたら消えちゃうかもしれないの。

次の

スターストリングスより(つくしあきひと) : 竹書房

スター ストリングス より

そして治った以上、持て余し気味になるこの客人をどうしようかとナナチ考える。 ジャンルでさがす• あるいは巣に持ち帰られて雛の餌と化すか。 慌てて振り向いた視線の先には、自分と同じような……それでいて最初の星にいた兎にも似ている一人の少女がいた。 下層が地獄の釜だと聞いても、そこに糸が続いていた可能性があるならばコロルは目指したい。 糸が手を離れ落下し、石が腹を突き破ったこともあった。 眩しく見えたそれを、今度は自分が進む。

次の

スターストリングスより(つくしあきひと) : 竹書房

スター ストリングス より

その奥には失われた文明の貴重な遺物が眠り、一攫千金を志す「探窟家」を長年に渡り魅了してきた。 小さな肺から絞り出された精一杯の声は、予想と違わずタマウガチの体を一瞬停止させた。 しかし、深層へ潜って行った者の多くは、危険な原生生物や過酷な環境に行く手を阻まれ、成功を収めた者はごく一部であった。 10代の頃から絵やファンタジーがお好きで、それをずっと突き詰めて今に至っている気がしますが、夢を実現している実感はありますか? 達成感はまだないです。 ご契約中は自動的に販売を継続します。

次の

スターストリングスより / つくしあきひと【著】 <電子版>

スター ストリングス より

ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 女の子だって、プリキュアになりたい奴、お嫁さんになりたい奴はその実態をどの程度知っているかは非常に疑わしい。 桜も、散っている時が一番良いですが、何もしなくても変化していくという状況がすごく良いんです。 あとポーランドの画家のズジスワフ・ベクシンスキーさん。 巨大な盃のような植物『ダイラカズラ』がその身を受け止めるからだ。

次の

スターストリングスより by Akihito Tsukushi

スター ストリングス より

和雑誌• 何かを達成すると、その時は嬉しいんですが、後になって「いつかヤバくなるぞ」とか「次にまたこれできるの?」って急に不安になってしまうんです。 Since she lives in complete solitude, she gets happy and filled with hope when she one day finds a moving string with seemingly someone on the other side. 『コロル』は自分が何者かも知らない。 その創作の原点から、いかにして現在の個性を手に入れたかを探るインタビューシリーズ。 故に悍ましい姿をしたミーティを忌避する様子もなく、自然に接した。 作家・つくしあきひとの 今、そしてこれから 『アビス』のアニメについてお話を聞かせてください。 トーンやトレースだと思われる部分は見た限りなし。

次の

スターストリングスより by Akihito Tsukushi

スター ストリングス より

担当さんにはアニメが始まるまでに6巻を出すよう言われて、出来るだけ頑張ろうとは思ったんですが、今年が始まって早々に無理だと分かったので、高校のイラスト同好会の後輩の葉端だいすけ君にアシスタントをしてもらうことにしました。 ジャンルでさがす• 光の螺旋が呼んでるの」 「んなぁ…」 装備を整えて、寂しそうに笑う彼女をナナチは引き留めようとする。 それでも彼女は糸の先を目指すのだ。 死なないのか、死ねないのか、様子を見ていた時は確かに命を落としそうになっていた。 獰猛な生物に骨を嚙み砕かれたこともあった。

次の