紫陽花 の 育て 方 鉢植え。 アジサイ 鉢植えの育て方

西洋アジサイの育て方 鉢植えの紫陽花を長く楽しむコツは置き場所を水やりのタイミング

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

落葉前後(11月下旬ごろ)に切り詰めると、樹形を小さくすることができ、枝下に残る大きい芽から花を咲かせることもできます。 水やり 庭植え、鉢植えともに水切れには注意します。 それは、• 苗よりも一回りから二回り大きな鉢かプランターを用意する• 3年以上同じ鉢で植え替えていないのに根詰まりしていない場合は、 一度土を変えてあげた方が良いかもしれません。 栽培環境・日当たり・置き場 耐陰性もありますが、花つきをよくするには日当たりのよい場所が適します。 冬の時期は、1月~2月頃に「寒肥」といって、春先の新芽が出る頃に向けて栄養を与えてあげます。 また、あまり高温になる真夏の植え替えはカブの負担になりますので、 ある程度涼しくなった9月ごろが適期になります。 切り落として整えてあげることによって、植物が育ちやすくなったり、見栄え良くしたりすることができます。

次の

アジサイ 鉢植えの植え替え

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

増やし方 挿し木で簡単に増やすことができます。 水をあげる時間は、午前中の早い時間がいいですよ。 病気と害虫 病害虫には強いといわれますが、全くないという訳ではありません 病気:うどんこ病、モザイク病、斑点病、炭疽病 害虫:オオミノガ、カイガラムシ、アブラムシなど 用土 水はけ、水もちのよい土質を好みます。 害虫については、春から秋にかけての生育期に虫がつきやすいです。 大きくなりすぎた紫陽花もコンパクトに仕立て直すことができるので、数年に一度、思い切って剪定してみるのもよいと思います。 置き場所は、半日陰で午前中は日差しが差し込み、冬には北風にあたりにくいところが理想的です。

次の

紫陽花の鉢植えを来年も咲かせる為の剪定や肥料のやり方をマスター!

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

購入してからすぐに植え替えても良いですが、 まだアジサイ栽培に慣れていないのであれば、 花が終わってから、剪定と同じ時期に植え替えをするのが安心です。 苗を選ぶ時のポイントは、• 植木鉢• 水やり 庭植え、鉢植えともに水切れには注意します。 花から3節目より短く切らない!翌年花が咲かない可能性があります。 挿し木の適期は5月から6月ごろで、 その年に出てきた 新芽が青いうちに摘み取ります。 スポンサードリンク あじさいの鉢植えのベランダや室内での育て方 アジサイは公園や山でよく見かけますが、家のベランダや室内で育つのでしょうか?そんな疑問を持つ人も少なくありませんが、大きく育てなければ家でも十分元気に育つんです! 特に都会のマンションでは、ベランダの明るい日陰は風通しが良いので理想的な場所といってもいいでしょう! 〇紫陽花について 紫陽花(あじさい): アジサイ科アジサイ属 学名:Hydrangea macrophylla 開花時期:5月中旬? 土が多いと栄養が分散してしまいますし、 水をたっぷり溜め込むのでジメジメ しすぎて根っこが腐ってしまうこともあります。

次の

アジサイ 鉢植えの育て方

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

冬に葉っぱが落ちてからも、水をあげてくださいね。 病気になってしまった葉はすぐに切り落とし、市販の薬で対処してみてくださいね。 土が乾きすぎるようだと生育や花つきが悪くなります。 葉がしんなりして張りがなくなり、下に垂れ下がって来たら水切れを起こしています。 紫陽花の苗を用意したら、苗植えを行います。 それでは、アジサイを手に入れたらお家のベランダで可愛がってあげてくださいね。

次の

アジサイ(紫陽花)の育て方。コツとお手入れ、植え替えなどを一挙公開します

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

お庭がある方は地植えにした方がお世話が楽になります。 なので剪定という作業をして、ある程度紫陽花の生長をコントロールしてあげたり、形よく育つようにしてあげるんです。 株全体に発生したときは、他への感染を防ぐため、株ごと抜き取って廃棄しましょう。 少々日当たりが悪くても、花つきもそれほど悪くなりにくいので、生育にはあまり影響を及ぼしません。 だから午前中だけ日が当たるところで、午後からは日陰となるような場所が最適です。 鉢が小さいと感じたら大きな鉢に植え替えてあげましょう。

次の

紫陽花の鉢植えで初夏を彩ろう。植え替え時期は?育て方は?

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

端的に言うと、アジサイは真夏と真冬以外であれば、いつでも植え替えが可能です。 または、花後から9月中旬までか、休眠期の11月~2月ごろに植え替えます。 根腐れすると養分を得る力を失い、枯れる原因となります。 花が咲き終わったら剪定する ということを覚えておいてくださいね。 冬越の方法(冬季管理方法) 耐寒性には優れれており、庭植の場合は落葉して積雪にも耐えて自然に冬越しします。 年が明けて無事に芽吹かせるためには、しっかり低温におくことも大切です。 枯れてきた花を早めに切り落としてあげた方が、これから咲くお花の方に栄養が行き届きますよ。

次の

山アジサイの植え替えと育て方

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

庭植えなどの環境だと大きな株に育つ山アジサイですが、古くなった茎を軸基から切り取ったり、花後に伸び出す芽の一部を残して茎の上部を切り取ることによって株の大きさをコントロールできますので他の植物、クリスマスローズやギボウシなどと一緒に植え込むことによって四季折々の植物を楽しむことができます。 土や、鉢の底から根が出始めたら、 すでに根詰まりの状態になって いるかもしれません。 冬剪定は、混んだり枯れて弱っている枝を選んで切り、 株の風通しを良くするために行います。 秋からは少し減らして、土が乾いたら水やり。 水やり 水やりの頻度については、鉢植えや地植えなどの環境の違いによって異なります。 ・水やり 紫陽花は乾燥するのを嫌うので、 こまめにたっぷり水をやりましょう。 ***どなたかのお役に立てれば幸いです***. 注意が必要な病気や害虫 紫陽花は病気にかかりにくい植物ですが、 加湿しすぎることにより雑菌が発生し、 黒点病や炭そ病にかかることがあります。

次の