フリード モデューロ x 2020。 2020.06.27シュアラスター ゼロリバイブを使ってみた。

フリードがついにマイナーチェンジ!i

フリード モデューロ x 2020

上級グレードのフリードに搭載されているホンダセンシングの機能• 2019年10月にマイナーチェンジを施工している。 フリード自慢のシートレイアウトは、6人乗りと7人乗りの選択が可能だ。 5Lガソリン仕様とハイブリッド(1. フルモデルチェンジして設定から外れましたが、初代N-BOXにも設定されていたモデューロXは、2017年12月に一部改良のマイナーチェンジでコンパクトミニバンのフリードにも設定されました。 」 「ETC車載器が標準装備されているのでとても便利。 5LアトキンソンDOHC i-VTEC+i-DCD トランスミッション 7速DCT 駆動方式 FF 4WD FF 4WD 乗車人数 5人乗り 価格 2,803,900円 3,040,400円 2,583,900円 2,820,400円 タイプ CROSSTAR Honda SENSING G Honda SENSING エンジン 1. ブラック基調のインテリアカラーと合わせて、特別感を演出。 2019年10月に行われると予想されている後期型へのマイナーチェンジでは、新型ハイブリッドエンジンやダウンサイジングターボエンジンを搭載するといわれていますが、ホンダセンシングの全車標準装備やオートハイビームと後方誤発進抑制機能の追加が濃厚で、エンジンは据え置きになると予想します。

次の

〈ホンダ・フリード〉コンプリートモデル「モデューロX」をマイナーチェンジ! スポーティな走りがさらに深化!【新型車レポート】

フリード モデューロ x 2020

その結果、乗り心地をさらに向上させることに成功している。 ブラック基調のインテリアカラーと合わせて特別感を演出しています。 モデューロX Honda SENSING(7人乗り):297万2200円• 専用フロントグリル• 本田技研工業は2020年5月28日、コンパクトミニバン「フリード」をベースとしたコンプリートカー「フリード モデューロX」をマイナーチェンジし、同年5月29日に発売すると発表した。 また空力性能を高める3つのエアロフィンを装着することで走行性能のさらなる向上も図っており、ドライバーには爽快な走りを、同乗者にも快適な乗り心地を提供するとしている。 専用ドアミラー(クリスタルブラックパール)• 」 「カーナビ設置用パッケージがオプションでないのは嬉しい。 そのため「チープな雰囲気がする」という口コミはぼぼ見られません。 5Lのハイブリッドシステムの2タイプ。

次の

フリード モデューロXが待望のマイナーチェンジ!! 顔もシャープに“走れるミニバン”刷新!

フリード モデューロ x 2020

後者は3,256,000円(6人乗り)/3,278,000円(7人乗り)となる。 全部盛りでこの価格はお得と思います。 どちらもレギュラーガソリンを使用して、燃料タンクは2WDが36L、4WDが40L入ります。 一方、インテリアではシートをプライムスムースとスエード調表皮のコンビタイプとすることで質感を向上させるとともに、体の滑りを抑制。 既に設定されている現行車種は「N-ONE」と「ステップワゴン」で、過去には初代N-BOXにも設定されていました。 対する「モデューロX」は、ベース車のフルモデルチェンジから約1年3カ月後となる2017年12月に登場。

次の

【自動車】「ホンダ・フリード モデューロX」の改良モデルが登場 走りを高めた純正コンプリートカー [自治郎★]│エンがちょブログ

フリード モデューロ x 2020

ただ、実用性は高くとも、クルマ好きにとって物足りなさを覚えるのも事実だろう。 色は白、黒、青に加えて赤も選べるようになっていました。 その登場が待ちわびられていた。 」 「リアに設置されたハイブリッドのデザインが大変魅力的。 コメありがとうございました🙇。 新型 フリード Modulo X エクステリア 予想 専用サスペンション 専用15インチアルミホイール 専用フロントエアロバンパー 専用エンジンアンダーカバー 専用リアロアディフューザー 専用フロントグリル 専用フロントビームライト 専用LEDフォグライト 専用リアエンブレム インテリア 予想 専用ブラック コンビシート Modulo Xロゴ入り 専用本革巻ステアリングホイール 専用本革巻セレクトレバー 専用インパネミドルパッド 専用フロアカーペットマット Modulo Xアルミ製エンブレム付 9インチプレミアムインターナビ ドライブレコーダー ナビ連動タイプ ETC2. 全てがモディファイされたコンプリートモデルに乗ってみる価値はあるはずだ。 そういうクルマをつくろうと思う。

次の

フリードがついにマイナーチェンジ!i

フリード モデューロ x 2020

今回のマイナーチェンジでは、熟練エンジニアによる人の感覚を大切にした開発をさらに追求。 710mm ホイールベース 2,740mm エンジン 直列4気筒1. ブラック基調のインテリアカラーを相まって、プレミアム感を増幅させている。 モデューロXの発売だけではなく、標準モデルにも何か改良はあるのか、楽しみです。 僕は5chのフリードスレでそのことを知りまして、契約と別ディーラーで真相を教えていただきました。 フリードモデューロXコンセプト2020の1列目シート インテリアには両者とも、残念ながらヴェゼルモデューロXのようなセミバケットシートは与えられていない。 ・Modulo Xは持ち込み検査が必要です. リフトアップ• いずれもFF車のみ。 5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンにCVTを組み合わせており、軽快ながらも低燃費な走りを実現します。

次の

ホンダ フリード モデューロX、「実効空力デバイス」で走りを深化

フリード モデューロ x 2020

現行型となる2代目「フリード」は、2016年9月に発売。 モデューロX Honda SENSING(6人乗り):295万0200円• 新型フリードは全車にHonda SENSINGを搭載 ホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING」は新型フリード全車に標準装備されます。 3列シート• ホンダ・フリードモデューロXコンセプト2020 今回参考出品された「フィットモデューロXコンセプト」および「フリードモデューロXコンセプト2020」と、従来のモデューロXとで外観上の変化が最も分かりやすいのは、「X」の字を象ったフロントマスクだろう。 Modulo X — それは、Honda車を知りつくした熟練のエンジニアが、ベースとなる車両に、さらなるこだわりと、時間と、情熱をかけて磨き上げた、コンプリートカー。 少しお高い印象もあるが、試乗すれば、お買い得であることを実感できるはずだ。

次の

ホンダ 新型 フリード Modulo X マイナーチェンジモデル 2020年5月29日発売

フリード モデューロ x 2020

スマートキー• 特に空気抵抗の大きいミニバンでは、静粛性や燃費性能、そして走行安定性などの性能を大きく左右する。 口コミでも細部に至るまでデザイン性の高さは大きな評判を集めています。 側面の「エアロフィン」、中央下部の「エアロスロープ」、前面の左右下側に設けた「エアロボトムフィン」を追加することで、直進安定性とコーナリング性能を向上させているという。 そして今回は、ベース車のマイナーチェンジ後から約7カ月という早さで、2020年5月に「モデューロX」のマイナーチェンジに至った。 シリーズ共通の提供価値として、「意のままに操れる操縦性」「所有欲を満たし、機能に繋がるデザイン」、「視覚、触感、乗り味にまで追求した上質感」を掲げている。 急な坂道での発進時に車両がずり下がるのを抑制する「ヒルスタートアシスト機能」、急ブレーキをかけた際にハザードランプを高速点滅させ周りに異常を知らせる「エマージェンシーストップシグナル」など、色々な機能が搭載されています。

次の

2020.06.27シュアラスター ゼロリバイブを使ってみた。

フリード モデューロ x 2020

」 「車全体の重心が低いのでかなりの安定感が伝わってくる。 (ホンダアクセス) ディーラーマンも1月には発売日を知ってたそうで、特に戒厳令(口止め)がなされていたわけでもないそうです。 電動シート• 現在、ホンダが展開する「モデューロX」は、軽スポーツ「S660」、ミニバンの「ステップワゴン」、街乗りSUV「ヴェゼル」、そして「フリード」の4車種をラインアップする。 クルマは、ただの移動手段なんかではない。 今回のマイナーモデルチェンジでは、熟練のエンジニアによる人の感覚を大切にした開発をさらに追求することで、従来ご好評をいただいている上質でスポーティーな走りを、さらに深化させました。

次の