モンベル トレッキング アンブレラ。 モンベルの折り畳み傘が人気沸騰。ヒットの理由を、8つの最新モデルにみた。

【モンベル トレッキングアンブレラ レビュー】仕事に旅行に使える軽くて強い折りたたみ傘

モンベル トレッキング アンブレラ

via : 名前が トレッキングアンブレラなのでフィールドで使うことを想定した製品なのですが(整備された登山道だと傘を使っている人も居ますよね)、傘をさしてのアウトドア自体が個人的にはあまり縁がなく、買うとしたら普段使いがメインになると考えていました。 ロングテイル・トレッキングアンブレラは直径 92cm なのだが、トラベルアンブレラは 88cm。 モンベルの歴史は、近年のアウトドア用品の進化の歴史でもあります。 撥水性が高い 生地の表面にはポルカテックスというモンベル独自の撥水加工が施されており、 雨だけでなく汚れも付きにくくなっています。 Lトレッキングアンブレラだとちょっと小さすぎるかなぁということで候補から外しました。 私が買ったのは水色。 ちなみに折りたたむとこの大きさになります。

次の

梅雨からバックパックを守る。軽くて大きなモンベルの折り畳み傘『ロングテイル トレッキングアンブレラ』レビュー

モンベル トレッキング アンブレラ

表面に汚れが付着すると徐々に撥水性は薄れていくが、ときどき洗ってあげれば大丈夫。 傘を買うのに4,500~5,500円(税抜)かかるので、実際に修理することになった場合はいくらかかるのか店員さんに聞いてみました。 生地の薄さ:40デニール トレッキングアンブレラの修理代と期間(穴あき、骨交換) 大事に使っていたつもりでも、何らかのアクシデントで傘に穴が開いたり、骨が折れて直らなくなったりすることもあります。 褒めているのかいないのか微妙な書き方ですが、折りたたみ傘なのに普通の傘同様の性能があることは事実。 8種類もある「トレッキングアンブレラシリーズ」 私も最初ウェブで調べた際にそのラインナップの多さに「これは店頭でちゃんと見る必要があるな」と、新宿モンベルに足を運んで現物を見て選んだのですが、モンベルの傘には複数の種類があります。 十分な強度を備えながらも抜群の軽量性と薄さを実現。 レビュー モンベルの傘は軽くてビックリ的な感想もあります。

次の

モンベルの折りたたみ傘「トレッキングアンブレラ」の進化形 わずか128g!

モンベル トレッキング アンブレラ

使った後はボトボト… なんてことにはならないので、 そのままカバンの横のところに挿しておいて、 またすぐに再起動させられるという便利さ。 そして2016年、さらなる進化を遂げた「トレッキングアンブレラ・シリーズ」。 傘袋収納サイズ:27㎝• ウルトラSILトレッキングアンブレラ(5,400円税込)は、強度と耐性度に優れているのが特徴で、使用時の直径96センチ、収納時は24センチ、重量は280グラムです。 これが面倒。 そんな地味な凄さに、私自身も最近まで気付いていませんでした(笑) 一方で、店で確認した際から(どのモデルにも共通して)気になっていのですが、傘を開いた際に傘全体の揺れ(ぐらつき)がそこそこあります。

次の

軽量でコンパクト!折り畳み傘はモンベルの「ロングテイル トレッキングアンブレラ」がオススメ!

モンベル トレッキング アンブレラ

傘を開くと、傘の柄が中心よりもちょっとズレたところにあること分かると思う。 これがとても面倒で、少しでもレインウェアを乾かしたいのに乾かせない。 どうしても耐久性が犠牲になりがちなので、 モンベルの傘はええ塩梅だと思います。 — カワウソうーたん@転友 kawausoutan 傘さし登下校は熱中症対策にもいいし、友達との距離を開けられていいですね。 トレッキングアンブレラ」も派生モデルの一つだ。 トレッキングアンブレラ。 今まで使っていた折りたたみ傘は の折りたたみ傘で、丈夫さに関してはどんな傘にも負けないのですが少々重いのが難点でした。

次の

【モンベル トレッキングアンブレラ レビュー】仕事に旅行に使える軽くて強い折りたたみ傘

モンベル トレッキング アンブレラ

500mlのペットボトルが高さ21cmくらいですので、少し大きい程度です。 フレームを2つに折って、それぞれの生地を中から出す。 これ以上軽量なものになると、 骨が5本しかなかったりするものが多い。 使わないときはカバンの中へ常備。 100gなんて大した差じゃないと思いませんか? ところが実際に持ち運ぶと全然違うんです! 軽いというだけで積極的に持ち運びたいという気持ちが湧いてきます。

次の

【モンベルの折りたたみ傘】トレッキングアンブレラの感想と口コミ!修理にはいくらかかる?

モンベル トレッキング アンブレラ

トレッキング用に選ぶときには、イエローや赤、ターコイズブルー、黄緑などの鮮やかな色がおすすめです。 トレッキングアンブレラ トレッキング対応としては最軽量となる、ウルトラライトモデル。 トレッキングの時に傘と合わせておすすめした登山アイテムではもおすすめです。 そんなモンベルのアイテムに折りたたみ傘がありました。 折りたたみならオススメ! 色々と語りたかったんですが、 そんなに傘事情に明るくありませんでした。 最も重さが問われる傘の骨の部分に「カーボン」が使われているためなのです。 ただ、調べてみると同社のダウンジャケットにも使用されている生地が使われており、とても丈夫とのこと。

次の

評判のモンベル傘ことトレッキングアンブレラを1年間使ってみた感想や他の折りたたみ傘との比較など

モンベル トレッキング アンブレラ

モンベルの場合にはそれぐらい根強いファンがいます。 重量は全モデル中で最も重いが、それでもたったの200gと、缶コーヒー程度。 カラー展開が硬派なのも特徴だ。 2001年には、より軽量で引き裂き強度のあるバリスティック・エアライト・ナイロンを採用した「U. 登山家やアウトドア好きに大人気のブランドですが、中でも折りたたみ傘はアウトドア派じゃない人にも人気の商品です。 なかでもトレッキングアンブレラが売れています。 この数年、アウトドアウェアを街中で着こなす男性が増えている。 登山の傘はモンベルがおすすめ 登山をするときに持っていくならモンベルですね。

次の

モンベルの折りたたみ傘で「背中が濡れる問題」を解決。リュックでも濡れにくい理由とは?

モンベル トレッキング アンブレラ

ほぼ1mですね。 柄の部分はこんな感じで必要最低限。 EVERNEW(エヴァニュー) 日本の老舗アウトドア・スポーツ製品メーカーです。 【カラー】チャコールグレー CHGY 、チェストナット CHNT 、ダークマラード DKMA• 生地は前出の「U. 晴れの日帰り専門の私の場合、雨に降られることはめったにありません。 トレッキングアンブレラの使用感 この傘の重量である150gですが、かなり軽いと感じました。 どうしても使い込むと撥水は落ちますが、 撥水スプレーなどでメンテすれば、 刀の血振るいの所作の如く傘を仕舞う、 そういう男でいられるでしょう。

次の