教育 公務員 特例 法。 教育公務員特例法 穴埋め問題

資料3

教育 公務員 特例 法

3 大学の教員への採用についての地方公務員法第二十八条の四から第二十八条の六までの規定の適用については、同法第二十八条の四第一項、第二十八条の五第一項並びに第二十八条の六第一項及び第二項中「任期を定め」とあるのは「教授会の議に基づき学長が定める任期をもつて」と、同法第二十八条の四第二項(同法第二十八条の五第二項及び第二十八条の六第三項において準用する場合を含む。 第二条第一項に後段として次のように 加える。 6 前項の選考について教授会が審議する場合において、その教授会が置かれる組織の長は、 当該大学の教員人事の方針を踏まえ、その選考に関し、教授会に対して意見を述べることが できる。 7 前各項に規定するもののほか、指導改善研修の実施に関し必要な事項は、政令で定める。 仕組みをしっかり覚えましょう。

次の

職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律

教育 公務員 特例 法

1 .ア-資質 イ-子女 ウ-普通教育 エ-無償 2 .ア-能力 イ-子女 ウ-初等教育 エ- 9 年 3 .ア-能力 イ-子女 ウ-普通教育 エ-無償 4 .ア-資質 イ-子ども ウ-初等教育 エ- 9 年 5 .ア-能力 イ-子ども ウ-初等教育 エ-無償 教育公務員の研修に関する記述として,教育公務員特例法に照らして適切なものは,次の1~5のうちのどれか。 2 任命権者は、初任者研修を受ける者(次項において「初任者」という。 )に対する国家公務員法第八十一条の二の規定の適用については、同条第一項中「定年に達した日以後における最初の三月三十一日又は第五十五条第一項に規定する任命権者若しくは法律で別に定められた任命権者があらかじめ指定する日のいずれか早い日」とあるのは「定年に達した日から起算して一年を超えない範囲内で文部科学省令で定めるところにより任命権者があらかじめ指定する日」と、同条第二項中「年齢六十年とする。 2 前項の規定は、政治的行為の制限に違反した者の処罰につき国家公務員法第百十条第一項の例による趣旨を含むものと解してはならない。 附則第十項に次のただし書を加え る。 。 )に通知しなければならない。

次の

教員採用試験対策: 教育公務員特例法

教育 公務員 特例 法

以下この条において「新法令」という。 (服務) 第十一条 国立大学の学長、教員及び部局長の服務について、国家公務員法第九十六条第一項の根本基準の実施に関し必要な事項は、同法第九十七条から第百五条まで又は国家公務員倫理法に定めるものを除いては、評議会の議に基づき学長が定める。 教育公務員は、国立学校等の機関に勤務の場合には国家公務員としての、公立学校等の地方公共団体の機関に勤務の場合には地方公務員としての身分を有し、これらとは別に教育公務員という特別の身分があるわけではない。 外部リンク [編集 ]• 環境優位説のワトソン ワトソンは前回記事に... 附則第七項中「新法第五条第五項ただ し書」を「教育職員免許法第五条第六項ただし書」に改める。 7 前各項に規定するもののほか、指導 改善研修の実施に関し必要な事項は、政令で定める。 )の一に該当するに至ったときは、条例に特別の定がある場合を除く外、その職を失う。

次の

教育公務員特例法の全文・条文

教育 公務員 特例 法

2 学長の採用のための選考は、人格が高潔で、学識が優れ、かつ、教育行政に関し識見を有する者について、評議会(評議会を置かない大学にあつては、教授会。 以下同じ。 但し、第二十一条の三、第二十三条第二項、第二十五条の四及び第二十五条の五の改正規定は、昭和二十六年二月十三日から適用する。 (公立大学の教育公務員の職階制) 第二十一条の三 職階制は、国立学校の教育公務員の例に準じて、すべての公立学校の教育公務員について実施するものとする。 2 法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発表する場合においては、任命権者(退職者については、その退職した職又はこれに相当する職に係る任命権者)の許可を受けなければならない。

次の

【易しめ解説58】教育公務員の「研究と修養」=研修について。初任者研修、中堅教諭等資質向上研修は法定研修

教育 公務員 特例 法

(旧恩給法における養護助教諭の取扱)第 39条 恩給法の一部を改正する法律(昭和26年法律第87号)による改正前の恩給法第22条第 2項の助教諭には、養護助教諭が含まれていたものとする。 その他、学校教育法、地方教育行政法、教育公務員特例法、私立学校法、教育職員免許法、社会教育法などが重要である。 3 第二条の規定による改正後の教育公務員特例法第三十二条の規定の適用を受ける公立学校職員等について学校看護婦としての在職を準教育職員としての在職とみなすことに関する法律の規定は、昭和三十年七月二十五日から適用する。 以下同 じ。 附 則 (平成一五年七月一六日法律第一一七号) 抄 (施行期日) 第一条 この法律は、平成十六年四月一日から施行する。

次の

教育公務員特例法|条文|法令リード

教育 公務員 特例 法

)についても、また同様とする。 公立の小学校等の教諭等の任命権者は、児童、生徒又は幼児(以下「児童等」という。 2 大学院修学休業をしている期間については、給与を支給しない。 (教育職員免許法等の一部を改正する法 律の一部改正) 第十五条 教育職員免許法等の一部を改正 する法律(平成十二年法律第二十九号)の一部を次のように改正する。 2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和三十一年法律第百六十二号)第四十条に定める場合のほか、公立の小学校等の校長又は教員で地方公務員法第二十二条第一項(前項の規定において読み替えて適用する場合を含む。 第二百五十一条 政府は、地方公共団体が事務及び事業を自主的かつ自立的に執行できるよう、国と地方公共団体との役割分担に応じた地方税財源の充実確保の方途について、経済情勢の推移等を勘案しつつ検討し、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。

次の

教育公務員(きょういくこうむいん)とは

教育 公務員 特例 法

第五十八条第二項及び第五十九条中 「及び第二十五条」を「、第二十五条及び第二十五条の二」に改める。 86の記事で、教職教養の知識が一通り身につくようになっています。 一覧ページはこちら。 )をすることができる。 )と共同して行う研究又は国若しくは指定行政執行法人の委託を受けて行う研究(以下この項において「共同研究等」という。 附 則 (昭和二九年六月三日法律第一五六号) 抄 1 この法律は、公布の日から起算して十日を経過した日から施行する。 (降任及び免職) 第5条 学長、教員及び部局長は、学長及び教員にあつては評議会、部局長にあつては学長の 審査の結果によるのでなければ、その意に反して免職されることはない。

次の