オレステイア 舞台。 生田斗真主演舞台「オレステイア」チケットの取り方|舞台チケットナビ~FCからカード枠まで!~

生田斗真主演舞台『オレステイア』2019年6月上演|侑空の頭の中

オレステイア 舞台

無敵の人とか話題になったりしたけど、死刑という罰が罰にならない人だっているわけで、ならばオレステイアで問われたバランスというものはどう保たれるべきなのだろう。 舞台衣装と色の使い方 これは、公式サイトでも言われている話なので、書いても大丈夫だと思いますが、イピゲネイアと捕虜で連れてこられた子は黄色の色のドレスを着ています。 神野三鈴さんのの熱演、最高だった。 子どもらしい無邪気さとそれ故の残酷な言葉。 判決は無罪だった。

次の

生田斗真が舞台『オレステイア』に主演 ギリシャ悲劇を英作家が新翻案

オレステイア 舞台

ただ、ここで許される=自分の殺人がなかったことになる、とはなるわけではなく、は結局起こった現実は変わらない、どうしたらいいんだと疑問を投げかけ終わります (ね、超ざっくりでしたでしょう。 驚くことには舞台上にほとんど出ずっぱりの状態で、斗真さん演じるは自分の記憶をステージ上で再構築しながら、自身に起こった過去の出来事を俯瞰しているような状況。 タイムテーブル 6月6日 木 18:00 6月7日 金 18:00 6月8日 土 13:00 6月9日 日 13:00 6月10日 月 休演 6月11日 火 13:00 6月12日 水 13:00 6月13日 木 13:00 6月14日 金 18:00 6月15日 土 13:00 6月16日 日 13:00 6月17日 月 休演 6月18日 火 13:00 6月19日 水 13:00 6月20日 木 貸切 6月21日 金 18:00 6月22日 土 13:00 6月23日 日 13:00 6月24日 月 休演 6月25日 火 13:00 6月26日 水 13:00 6月27日 木 18:00 6月28日 金 18:00 6月29日 土 13:00 6月30日 日 13:00 説明 復讐の宿命を負う王子オレステス 正義はどこにあるのか? 世界から注目される英国の作家・演出家であるロバート・アイクによる『オレステイア』の日本初演。 1幕は、シフォン素材のような向こうが透けて見えるくらいの白い薄布カーテン これが、ずっと動かない(=娘を殺さないと女神の怒りで風が吹かない)のですが、父が神託の通り娘イピゲネイアをその手で殺した瞬間に風が吹くという演出で、カーテンが大きく揺れ動いて「はっ今風が吹いた・・・!」と観客にもトを与えつつ伝える役割も持っていて、思わず膝を叩いてなるほど!となりました。 どこにでもある家族団らんの光景、袋小路に陥った政治家としてのアイギストスの姿など、原作にもある要素を活かしながら、血の通ったリアルなドラマを再構築するアイクの手つきは鮮やか。 カッサンドラはの名を叫ぶことで、の復讐による死を予見したように見えた イピゲネイアと同じ顔、同じ黄色いドレス、似た言葉に意味があるように相似形であることにも意味があるのだろう。 声高らかに羅列された神々の名に父・王が並んでいる。

次の

生田斗真が日本初演作品に挑む! 2018/2019シーズン新国立劇場公演『オレステイア』全キャスト発表

オレステイア 舞台

本当にそこで母殺しをしたのは女装しただった。 2018/2019シーズン演劇公演『オレステイア』の全キャストが発表された。 。 陪審員もエレクトラや父母。 だからこそは彼女にきつく当たったのかな、って。 」がまだかみ砕けていないのがモヤモヤ。 [没]前456. このお芝居を観る前と観た後では、自分の考え方とか世界の見え方が変わるんじゃないかなと思います。

次の

舞台 オレステイアの演劇・ミュージカルチケット売買・譲ります|チケジャム チケット売買を安心に

オレステイア 舞台

〈写真右〉 長女 イピゲネイア(趣里)=まだ幼く、両親から溺愛されている無邪気な娘だが、父アガメムノンから毒殺される。 」みたいな言葉とかね。 常に批評精神と現代的な視点を持ち、新国立劇場での『アルトナの幽閉者』(2014年)、『城塞』(17年)では戯曲に秘められたエネルギーを見事に掘り起こしてみせました。 初台にある新国立劇場の中劇場で、生田斗真主演舞台「オレステイア 」を観てきました。 も裁判ではアテナの一票で無罪になったけど、彼自身は自分が許されたとは最後のシーンでは多分1ミリも思ってない。

次の

オレステスとは

オレステイア 舞台

1幕での、うさぎのぬいぐるみを抱えて跳ね回る奔放で可愛らしい姿。 イピゲネイアとカッサンドラがその色のドレスを着ますが、重要な場所でたびたび出てきます。 どうやら舞台版は、オレステスだけでなく、他のギリシア神話の話もミックスして構成されているようです。 ギリシア神話の英雄。 第4幕で復讐の女神に追われたが神々による裁判とアテナの一票の差によって許され、女神は慈愛の女神に変わるという話になっています。 当時のアテネでは直接民主制が行われており、アテネ市民12名が陪審員として判決を左右した。 という人は、FC枠だけでなく他の手段を持っていることは大きな武器になります。

次の

生田斗真主演舞台「オレステイア」いつ?チケット(先行前売り)購入方法と開催場所は?

オレステイア 舞台

アトレウス一家に起こった悲劇 の記憶は実に曖昧で、実際には存在しない姉・すら別人格として作り出していました。 でも自分が復讐されるときは胸をむき出しして、この乳房からお前は乳を吸ってこの腹から生まれてきただろうと命乞いをした。 。 要障害者手帳等。 まさかこんなに長いと思わなかったのでしょう… 1階席の通路を生田斗真が歩く演出が3回くらいあり、羨ましかったです。

次の

「オレステイア」感想続き2

オレステイア 舞台

殺すっていうことは愛の延長線上で最大の執着の現れっていう説を取ると、父は娘に執着し、母はそんな父に執着した、そして息子は母に執着していたというなんともなんともな状況が浮かび上がる説もあるのか・・・な? 決してハッピーエンドではない題材だけれど、人の歴史は繰り返す、それを止めることが出来るのもまた「人」である、(これは戦争という大きな流れもおそらくしかり)という希望も込められたメッセージも受け取れるようにも思ったりしました。 そこには1人の演者が立つのみ、なのにそこには明らかに別の人間が生きていて。 銀色の蛇が這う、蛇は母殺しのであり罪人のメタファーだ。 でも、殺した理由が「神託」だからには、それって証明できるんですか?って聞かれると、え~神託が前提で進んでたんじゃないの?って混乱しました。 生田斗真のコメント オレステイアに出演させて頂くことになりました。 彼はまず、3人の女神、ヘラ、アテナ、アフロディテが、自分たちのうち誰が一番美しいかを競い合うよう仕向ける。 戦争の勝利のために「子殺し」の信託を実行した父アガメムノンが幼い娘を生贄として殺害するが、凱旋の日に夫の帰りを迎えたクリュタイメストラが娘の仇としてアガメムノンを殺害したことから、トラウマで混乱した息子のオレステスが父の仇である母クリュタイメストラを殺し、その罪で裁判にかけられる、というあらすじだ。

次の