門司 港 コンテナ ターミナル。 水島港とは

水島港とは

門司 港 コンテナ ターミナル

無料送迎バス:新門司港 - JR門司駅 - 小倉駅• 西海岸 [ ] 周辺地区は、門司港地区発展の証である歴史的建造物を生かした観光スポット()になっている。 (昭和24年) - 門司港の開港が宣言される。 玉島地区に工業用地と接岸岸壁の建設開始。• 輸入 24,453,530トン• しかし、年々大型化していく船舶に加え、国が戦時体制へと進んでゆく時世に、水深が浅く湾口が狭い玉島港は適応できなくなり、次第に外港としての機能を失っていった。 (昭和15年)7月 - 下関港、門司港、小倉港を統合し、関門港とする。 歴史 [編集 ] 玉島港 水島港の元祖と言える水島北西部の(つらじま)・は初期まで河口とに面した島で水上輸送の中継地として栄えたが、後の干拓によって港としての機能は衰えていった。 (7年) - 門司港に航路定期船の繋留開始• PAN CONTINENTAL SHIPPING CO. (昭和39年) - ()設立。 (大正10年) - 門司港にの航路「箱根丸」初寄航。

次の

水島港とは

門司 港 コンテナ ターミナル

水島港湾事務所 玉島地区 [編集 ] 玉島ハーバーブリッジから 公共岸壁が水島地区よりも多く、人工島の「玉島ハーバーアイランド」を中心に商港としての整備が進んでいる。 485千トン(2004年度)• 逆に始め頃、航空機工場の建設のため水島地区に港湾が整備されることになった。 (有料) 新地バス停より約1. 区画整理された新倉敷駅前を除き、予定路線全体の面影があり、かなりの部分まで整備が進んでいたものと思われる。 大型海上コンテナ専用ホームを設置。 若戸渡船• (平成24年) - 開通。 地区内の多くの埠頭が工業港として使用されている。

次の

KMTC (JAPAN) CO.,LTD.

門司 港 コンテナ ターミナル

第2バンプール 300TEU サイドリフター (1台) MAERSK LINE MCC TRANSPORT SAFMARINE CONTAINER LINES 1岸バンプール 1000TEU サイドリフター (1台) フォークリフト (1台) MITSUI O. (24年) - 大里駅(後の門司駅)が開業。 0m、延長 130m• (明治32年) - 門司港が一般開港に指定される。 (昭和48年) - が開通。 (昭和33年) - が開通。 西埠頭2号岸壁 - 水深 9. 門司税関戸畑支署• 水島海上保安部• - 馬島 - 藍島(北九州市営渡船「」)• 東公共岸壁 - 水深 5. ここにETC車載器を利用したゲート自動認証システムを加え、ゲート通過時の時間ロスの短縮のほか、車両の自動識別による正確な物流とレーサビリティを実現する。

次の

港湾運送業務

門司 港 コンテナ ターミナル

蔵置能力 リフト 取扱船社 第1バンプール (16岸 1600TEU サイドリフター (2台) AMERICAN PRESIDENT LINES,LTD. 合計73,058隻(2006年度) 主な施設 [ ] 門司港地区 [ ] 門司港湾合同庁舎 は、からにかけ外国貿易の港として発展した地区であることから、港湾関係の主要機関が設置されている。 (明治23年) - 若松築港会社(現)が若松港を積出港として築営することを目的として設立され、築港を開始。 の取扱許可を得ている。 (昭和21年)6月 - 門司税関再開。 玉野海上保安部水島分室設置(1974年水島海上保安部に昇格)。 無線局の「水島ポートラジオ」を、現在ある三百山山頂()から玉島ハーバーアイランドに建設するに移転させる事業などもある。

次の

港湾運送業務

門司 港 コンテナ ターミナル

(昭和16年)12月 - 若松港が関門港に合併される(門司・下関・小倉・若松・戸畑・八幡の各港)。 なお、同地区に立地する日本製鉄、九州製造所、黒崎事業所等の大規模な工場はそれぞれの敷地内に専用埠頭を備えている。 日本初の長距離就航。 田野浦埠頭 [ ] 以前は、田野浦コンテナターミナルであったが、2004年から「田野浦自動車物流センター」に再整備され、主にを輸出する埠頭となっている。 現在 水島地区に水島港湾合同庁舎があり港湾機関が集中しているが、将来的に国際港化が進む玉島地区に移転する機関が出てくることが予想される。 人工の埋立地ではあるが、事実上の九州本島最北端の地となっている。 若松埠頭 - かつては石炭が扱われていたが、現在は船舶を係留する埠頭になっている。

次の

北九州市の物流基盤の紹介

門司 港 コンテナ ターミナル

北九州市のほか、大小の物流施設が立地している。 港勢 [ ] 面積• (昭和46年) - (神戸以西)で最初の田野浦が開港。 23番目の(現・国際拠点港湾)に昇格指定。 2005年(平成17年)5月 - ひびきコンテナターミナルに最初の定期航路が開設され、以後倉庫等の周辺整備が行われる。 マリナクロス新門司地区では、国内10検疫場の中で最大規模となる動物検疫所門司支所新門司検疫場や、新門司自動車物流センターなどの大規模施設がある。 ETC車載器を利用したゲート認証システムの導入は日本国内では初となる。 参考 [編集 ]• (中華人民共和国) 関連項目 [ ]• 高速貨物列車 下り列車(・方面行き)は1日23本、上り列車(方面行き)は1日25本停車する。

次の

Shipping Gazette News

門司 港 コンテナ ターミナル

付近には「門司港湾合同庁舎」(地上10階建)があるほか、北九州市港湾空港局門司庁舎も近接している。 2km。 093-321-5068 FAX. 2005年の開港以降、オーバー型ガントリークレーン計3基と、トランスファークレーン計7基が稼働中。 しかし、により、筑豊炭田の閉山が相次ぎ、(昭和57年)鉄道貨物取扱いは廃止され、貯炭場および若松機関区跡地は「久岐の浜シーサイド」としてマンションが建設された。 (平成17年)4月 - 日本海側では唯一、水深15mの大水深岸壁を持つ、ひびきコンテナターミナル供用開始。 とのによる(行き)が就航しており、家電・工業製品・飲料水・一般雑貨・・自動車などを取り扱っている。

次の