現金 書留 送り 方。 現金書留郵便の出し方(現金封筒)

現金の郵送方法!品物を一緒に送るには?商品券の場合は?

現金 書留 送り 方

今回は、主に結婚祝いを現金で送るケースを紹介します。 現金を内容とするものは、現金封筒 売価21円 を使用してください 現金封筒の大きさを超える郵便物の場合は、現金封筒を使用しなくても現金書留とすることができます。 そして、現金書留はお札だけじゃなくて小銭も送ることができますが、日本円だけです。 もちろんお札のみでも送ることができます。 (不在はがきに 説明が書いてあるのでご安心を) 最後に【現金書留(げんきんかきとめ)】を初めて利用してのまとめや注意点、コツ等を紹介します。

次の

簡易書留とは?一般書留との料金や送り方などの違い [総務・人事] All About

現金 書留 送り 方

その点に関しては、周囲の方に聞いてみるなど、相手の状況をできる範囲で確認してください。 書き損じ等のトラブルを考慮して心配ならば2,3枚購入しておくと安心です。 もし、損害要償額を伝えなかった場合には、損害要償額は1万円となります。 大きな荷物を送る際に便利な『』は、現金書留とすることができませんので注意しましょう。 ゆうメールは信書を入れることができません。 金額については、正確さが要求されるので、郵便局の窓口でしっかりとお聞きになられて下さい。

次の

現金書留の送り方は?小銭も送れるか?コンビニや郵便局からはどう?

現金 書留 送り 方

丸印のところに、割り印か署名をします(印鑑はシャチハタ・認め印など自由です) 現在、現金書留の封筒は複写用紙がないものになっています。 これは「ある程度大きいものなら現金書留で送れますよー」ということです。 先ほど、現金書留用封筒には2つの種類の大きさがあると書きました。 きちんとお礼を言って、同じ金額のお金をきちんと渡すようにしましょう。 郵便局で専用封筒を買おう! まずは、郵便局に行って現金書留を送る 「専用封筒」を購入します。 「 現金封筒のサイズに収まらない!」 そんな時は、 専用の現金封筒ではなく、自分で用意した封筒を使うことができますよ。

次の

現金の郵送方法!品物を一緒に送るには?商品券の場合は?

現金 書留 送り 方

)100円ショップが種類が豊富で安いですが、急ぎの場合は、コンビニやスーパー、ホームセンター、文具店などでも買えます。 お祝い事はあらかじめ用意しておくことは行動の効率化につながる やむなくご祝儀を郵送したいと思っても、いざとなると新券を用意したり郵便局の窓口に行ったりとそれなりに手間が必要です。 現金書留の封筒(郵送する直前に買っても大丈夫です。 ・小銭は入れずお札のみ送る 封筒に小銭を入れると、当然ながらお札だけの場合より重みが増します。 【現金書留の料金】は、定形郵便物¥82 と 現金書留料金¥430。 料金に関しては、一般書留よりは割安で送れます。 ただし、ゆうゆう窓口はどこの郵便局でも設置されているわけではありません。

次の

現金書留は、普通の封筒で送っても大丈夫ってホント?

現金 書留 送り 方

封筒代や手数料を支払う現金 この4つを準備していくことで、 スムーズに現金書留を 送ることができますよ。 日・祝日も配達しているため、スピーディーに送り届けられますし、郵便追跡サービスや最大50万円までの補償もついているので、万が一の時も安心です。 少し例外的なものですが、 外国の貨幣、例えば、アメリカドルなどの場合は 現金書留で送る必要はないと法律で決められています。 最後に控えを受け取って完了です。 その割印(印鑑を押す)は 先に家で押して【現金書留の現金封筒】を郵便局へ持っていってもOKです。 入学祝いなどの場合は、一言メッセージを添えてもいいですね。

次の

現金書留の送り方!小銭も送れるの?意外に簡単だった。笑

現金 書留 送り 方

ただ、必ずしも現金書留用封筒を使用しなくてはいけないっていう訳ではなくて 普通の封筒を使ってもいいのですが、普通の封筒を使う場合は必ず表面に 「現金書留」と赤文字で記入してください。 現金書留に封をして割り印(サイン)をする 現金書留の封の方法は、封筒の裏面に書いてあります。 補償があって郵便料金が安く送れるのは普通郵便に書留(簡易書留、一般書留)をつける方法です。 < 事 例 > 現金3万円(1万円札を3枚)を入れて郵送する。 万が一、現金書留が届かなかった場合、「損害要償額」の範囲内で 実際に損をしてしまった金額を賠償してくれるという制度です。

次の

現金書留の送り方は?コンビニでもだせる?手数料は?

現金 書留 送り 方

郵便局員の中には現金は専用の封筒のみでしか送れないと思いこんでる人もいます。 書留の料金 書留郵便は、基本料金・運賃と各書留の加算料金の合計が利用料金になります。 さて、次は「お金」を現金封筒へ入れていく流れです。 <目次>• 窓口に小包を持っていって「現金書留でお願いします」といえばOKです。 250gまでの荷物は速達だと280円がプラスされてしまうため、どうしても早く相手に送りたい場合以外は使いません。

次の