イルミナ カラー ブロッサム。 【毛束検証】【イルミナ新色】『ディープシー』『スターダスト8』『ブロッサム8』

【毛束検証】【イルミナ新色】『ディープシー』『スターダスト8』『ブロッサム8』

イルミナ カラー ブロッサム

コーラルは実践では案外色味が薄かったりして正直使いにくいラインだったので『ブロッサム』には期待したですね! 結果は、 左から コーラル8・・・思ったよりしっかり発色してくれてます。 自分がサロンワークをする中で感じる人気順で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? ぜひ次回イルミナカラーをするときの参考にしてください。 ただ可愛らしいだけでなく女性らしさでも大切な品もだしてくれるので、OLさんにも人気があります。 今回、ディープシー・スターダストに配合されています。 イルミナカラーは退色していく過程も綺麗 先ほどもお伝えしたようにイルミナカラーはブルーバイオレット(青紫)がベースでできているということ。

次の

イルミナカラーブロッサム 色味の特徴と素敵な赤みを再現☆BASSA新所沢

イルミナ カラー ブロッサム

だいぶ発色に差が出ています。 毛先の明るいポイントはあえて暗くせずに同時に色を重ねることで綺麗にグラデーションになります。 そんな魅力的なメニューを今回は美容師という立場から、ましてやサロンワークで実際に体験した方たちの写真をもとにリアルな仕上がりもお伝えできればと思います。 比べるのは『オーシャン8』『ヌード8』『エドルA9』で行きます。 STARDUST スターダスト 単品使用ならこれが一番よいかも? オレンジ・赤み・黄色みをいい感じに消してくれそう。 まとめ イルミナカラーのトワイライトいかがでしたか?夏に映える暖色系のカラー。 大切な髪の毛だからこそ慎重になってしまいますよね。

次の

【プロ監修】イルミナカラー「トワイライト」のトーン別の色&ブリーチありなし比較

イルミナ カラー ブロッサム

そんな要望も叶えてしまうステキなカラーがイルミナカラーなんです。 そんな魅力的なメニューを今回は美容師という立場から、ましてやサロンワークで実際に体験した方たちの写真をもとにリアルな仕上がりもお伝えできればと思います。 いかがでしょう?綺麗に発色をしまた明る過ぎず、しかし重たくないパープルよりのダークトワイライトになりました。 この中で唯一の暖色の新色である 【ブロッサム】。 イルミナカラーの今までに無い2つの技術。 また、発色だけではなくイルミナ特有の透け感やツヤ感もあり、とても髪を綺麗に見せます。

次の

ウエラ イルミナカラー「ブロッサム6注意点」ブリーチ1回、3回検証

イルミナ カラー ブロッサム

サロンに行ったらカウンセリングの際に詳しくお話を聞いてみることも大切です。 濡れた髪でも、乾いた髪でもご使用いただけます。 前回のカラーからあまり日が経っていなかったので全体をワンカラーで入れました。 長さも伸びて肩につくくらいになってしまっていたので3センチほど切らせていただきご希望の赤味を消す配合でオーシャンをベースにイルミナカラーをさせていただきました。 イルミナカラーのダメージ軽減作用にさらにプレックスの髪内部の再構築技術によって髪が生きかえったかのような仕上がりに。

次の

ウエラ イルミナカラー「ブロッサム6注意点」ブリーチ1回、3回検証

イルミナ カラー ブロッサム

暗めに仕上げてもくすみ感がしっかりでてみなさんの好きなグレー系の色が叶います。 さて、今回の新色はこちら。 また、ディープシーを加えても深みのある青みピンクになります。 青紫という色味は黄味を打ち消して透明感を演出してくれるので、イルミナカラーは全色透明感を出せるというのがその理由です。 オレンジ味の強い状態になってしまっていました。 まずはじめに イルミナカラーとは? 【イルミナカラー】はWELLAが開発したヘアカラー。

次の

3日前、イルミナカラーのブロッサム8トーンに染めました。塾のアルバイ...

イルミナ カラー ブロッサム

明るさも抑えたい』 というオーダーでした。 だがしかし、夜にやったので自然光で撮れていなく、少しボケて見えてしまっているのが。 デザインのご紹介 色味の出方は様々ですので是非ご参考ください。 今までのイルミナカラーと比べて、濃い目の設定になっています。 ピンクじゃないの? ピンクに見える方もいらっしゃると思いますが、どちらかというとパープルベースで若干ピンクよりな色味になっています。 日本に来てもう数年経ちましたが今だに人気が出ているのもしっかりとした科学的理論のもと髪をいたわりながら外国人のような透明感のあるツヤカラーができる。 他の色と混ぜることで、より髪色に深みがプラスされますよ! 今回はディープシーを使った髪色レシピの人気色を紹介しました。

次の