週刊 ポスト 記事。 週刊ポストのヘイトスピーチ(韓国批判記事)への世間の反応は?

週刊ポストの最新号

週刊 ポスト 記事

この事件で第一に言いたいことは、市民的常識を逆撫でして、世の良風美俗に唾を吐きかけるような言葉を発表するときには、それなりの覚悟を決めてやってくれということである。 しかもこの記事は、中央日報2015年4月5日付の日本語版記事にある〈大韓精神健康医学会がこのほど実施した調査の結果、韓国の成人の半分以上が憤怒調節に困難を感じており、10人に1人は治療が必要なほどの高危険群である〉という部分を引用した上で、〈日本人には理解しにくいレベルの怒りの発露は、「反日活動」でも見られる〉〈なぜ、彼らはここまで怒り続けるのか〉と無理やりにつなげたヨタ記事。 というわけで僕は今後小学館の仕事はしないことにしました。 2012年1月1・6日号からスタートしたによる連載「化城の人 との80年」(同年6月に第1部が終了し、その後連載休止中)について、当時の・の(「量が多すぎてツイッター向きでない、苦笑。 それは「職を辞してまで言いたいこと」ではないにもかかわらず、そういう言葉が小学館のような老舗で、良識ある出版社の出版物で「ぺろっと」口から出てしまったということである。 だが、底が抜けているのは、テレビだけではない。 有田芳生参院議員(67)=立憲民主=が3日、ツイッターで、2日発売号の「韓国なんて要らない」特集が大炎上して即日謝罪した「週刊ポスト」との絶縁を宣言した。

次の

週刊ポスト 2020年6月12・19日号

週刊 ポスト 記事

外交上の悪手でありながら、そういう挑発が繰り返されたのは、有効だということが知られていたからである。 連載記事 [ ]• 平時では穏やかで、ほとんど卑屈なように見えていた人間が、「何をしても咎められない」状況に身を置いた瞬間に別人になって、人を怒鳴りつけたり、恥をかかせたりという仕事にいきなり熱心になるということを私は何度も見て来た。 これは出版人としていくらなんでも「覚悟がない」態度と言わなければならない。 日韓関係が悪くなったから、いよいよ放っておけないということなのかな」という意見が一番冷静なんじゃないか? しょせん韓国と断交なんかできやしない。 その後もかなりの数の人たちが同趣旨の発言をされたようである。 2-3. 渡辺謙さんを見たのはこのドラマが初めてでしたが、まさかこんな大物になるなんて!」(65歳会社員) 梵天丸が不動明王像を前に言う「梵天丸もかくありたい」という言葉は流行語になり、真似する子供が続出した。 『』を吸収する形で創刊。

次の

週刊ポスト 2020年6月12・19日号

週刊 ポスト 記事

なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。 ・表紙 ・お気に入り登録について ・写真家・竹中直人が撮った名女優たち ・二度と撮れない世界の絶景 ・8人のビキニ美女と楽しむ「南国旅行」動画 ・人生を変えた昭和平成の名曲 ・目次 ・「勝ち組老後」と「負け組老後」の大逆転 ・「勝ち組老後」と「負け組老後」の大逆転 働き方 ・「勝ち組老後」と「負け組老後」の大逆転 年金 ・「勝ち組老後」と「負け組老後」の大逆転 相続 ・「勝ち組老後」と「負け組老後」の大逆転 住まい ・「勝ち組老後」と「負け組老後」の大逆転 資産形成/趣味 ・「勝ち組老後」と「負け組老後」の大逆転 地価 ・ニッポン社会にも大逆転が 航空 ・ニッポン社会にも大逆転が 就活 ・ニッポン社会にも大逆転が 受験 ・ニッポン社会にも大逆転が 外食 ・「さよなら安倍総理」霞が関のクーデター全内幕 ・安倍官邸「反政府ニュース監視」922枚機密文書を全公開する ・MEGA地震予測 警報続発の2020夏 最新警戒MAP ・6人の元スター球児が語る「甲子園がなかったら、今ごろ、俺は…」 ・広島カープ〝独走〟のファンサービス/二階堂ふみ早稲田応援に慶大生が憤慨 ・わんこそば ・京アニ放火/飛田新地 ・武漢ウイルス研究所の女所長「謎すぎる素性」 ・モーニングショー 玉川徹と作家 百田尚樹から漂う〝同じ匂い〟石戸諭(ノンフィクションライター) ・やく・みつる「マナ板紳士録」 ・綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」 ・大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」 ・河﨑秋子「羊飼い終了記念日」 ・井沢元彦「逆説の日本史」 ・広瀬和生「落語の目利き」 ・大竹聡「酒でも呑むか」 ・平岡陽明「道をたずねる」 ・ふらっと「歴史建物」探訪 NO. <この雑誌に自分の名前を掲げて文章を寄せた人は、この雑誌が目指す未来の実現に賛同しているとみなされることを覚悟した方がいいです。 まさか、書いたあとに「炎上」したからと言って、「あれは書かなかったことにしてください」とは言わない。 2015年5月29日号(2015年5月18日発売)にて、「 〈政権中枢大激震〉に流れた「マネー」3,000万円重大疑惑スッパ抜く」の記事と同一ページに、が出稿した協賛TOOTH FAIRYプロジェクトの広告を掲載、及びが謝罪することとなった。 しかし、中にはこの記事を肯定するような投稿を見つけることも出来ました。 5億円だった "香典持参"秘書が告発 「菅原<前経産相>の悪事、すべて話します」 ワイド 幕は開いた! 「BG」キムタクが娘2人に煙たがられるのはナゼだ? 生い立ち、趣味、結婚…冷血女帝金与正のウラの顔 「かわいい!」愛子さま異例写真公開でわかった「カイコ愛」 石田純一(66)が義父・東尾修(70)についに怒鳴られた 久代アナユーチューバー恋人と"警察沙汰"で衝撃の結末 土屋太鳳 (25)大学8年生で卒業できる「これだけの根拠」 人気再燃「愛していると言ってくれ」で常盤貴子が走る理由 「中学生に淫らな行為」で逮捕40歳人妻会社員の家庭事情 THIS WEEK 政治 前原と枝野がオワコンと化した令和2年の夏 経済 創業者の孫が社長に サンリオ「ともくん」の野望 社会 「凶器はこれ」懇切丁寧すぎる"強盗コーチ" 国際 補佐官に姪っ子 トランプ暴露本がもう10冊超 スポーツ カットマンも経営コストは…Tリーグトップ退任 芸能 芸能プロを「普通の企業」にした男の引退 グラビア 原色美女図鑑 浜辺美波 雲南発酵紀行 平成生まれ、昭和育ち 野球の言葉学 村上崇隆(東京ヤクルトスワローズ) 飯島勲の激辛インテリジェンス(324) 出入国制限解除の秘策 会社員の6割が… 「コロナ太り」撃退術 "幽霊法人"幹部をひた隠し 電通「350億事業」に新疑惑 渡部建独占告白90分 佐々木希の叱責 「あなたは舐めている」 今まで浮気がバレたことは一度もありませんでした。 NHK大河ドラマは1963年の開始以来、「テレビドラマの最高峰」で在り続けている。

次の

[週刊ポスト」問題について

週刊 ポスト 記事

こんな日本では、これから先「仕事をしない出版社」がどんどん増えると思いますけど、いいんです。 そういうふうに「シニカル」にふるまっていると、ちょっと賢そうに見えると思っているのかも知れない。 はこう書かれていた。 」)をきっかけに、・剽窃疑惑が持ち挙がった。 ところが、意外にも、2日午後に版元の小学館から謝罪文が出された。

次の

週刊ポストのヘイトスピーチ(韓国批判記事)への世間の反応は?

週刊 ポスト 記事

そして、特集には続きがあり「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」という題名で書かれた記事内容には、韓国で発表された論文を使用し、韓国人の10人に1人は怒りを抑えることが出来ない間欠性爆発性障害であると記載されていました。 2004年7月23日号「やらせスクープ撮 は着色されていた! — 裏垢 暇つぶしなひつまぶし kinkioasis 現在、日韓関係はとても微妙であり国民の多くが注目している問題ですので、様々な意見がある事は当然ですよね。 持ち回りとはいえ連載持ってるのが恥ずかしい。 全力で叩き潰してやるから首を洗って待ってろ」くらいの構えで応じてよかったはずである。 による検証記事は、同連載の第1回で、よりによって「敵方」ともいうべきのフォトエッセイ集『創価教育の源流 』から10ヵ所もの盗用があったとしている。

次の

週刊ポストの最新号

週刊 ポスト 記事

柳美里は 「人種差別と憎悪をあおるヘイトスピーチ」と批判して小学館と仕事しないと言う。 ちなみに「週刊ポスト」の雑誌としての権はが持っている(商標登録番号第942495号)。 でも、そうならなかった。 隣国に喧嘩を売るというのは、長いスパンで考えると有害無益のふるまいだが、短期的に見ると政権支持率が一時的に回復する。 あっという間に拡散した。 仮にも自分の責任で公にした文章である。

次の

週刊ポストは「断韓」記事を堂々と載せるべし

週刊 ポスト 記事

日韓関係については様々な事柄が絡み、難しい問題となっており、国民のほとんどが関心を持っているであろう問題ですので、その分意見があるのは当然ですよね。 「すべては金だ」で人生を首尾一貫させているなら、それはそれで整合的な生き方だと言えるだろう。 あまりにも衝撃的な題名となっており、作家の方からは「小学館では今後仕事をしない」とまで語っている方もいらっしゃいました。 シリーズ(原作: 作画: 第1部に相当する『票田のトラクター』は連載)• 2015年5月22日号で、「『』のデメリットについて明確な論拠を提示できていない」と反対派を糾弾する一方、「公選の区長らの競争が生まれ逆にサービス向上につながる」とする都構想に賛成寄りのコメントを掲載して、を擁護した。 週刊ポスト問題についていくつものメディアから電話で取材を受けた。 日本で暮らす韓国・朝鮮籍の子どもたち、日本国籍を有しているが朝鮮半島にルーツを持つ人たちが、この新聞広告を目にして何を感じるか、想像してみなかったのだろうか? 想像出来ても、少数だから売れ行きには響かないと考えたのか? 売れれば、いいのか、何をしても。

次の