神様 は サイコロ を 振ら ない 歌詞。 胡蝶蘭

神はサイコロを振らない 揺らめいて候 歌詞

神様 は サイコロ を 振ら ない 歌詞

このような考え方はさすがのアインシュタインでも受け入れ難かったらしく、対抗して「隠れた変数理論」を提唱しました。 その言葉からメンバーは「型にはまらない、誰にも出せない音を生み出し続ける」という法則を定め、自分たちの進む道は自分たちで切り開いていくという意味を込めてつけたそうです。 「神はサイコロを振らない」とは 「神はサイコロを振らない」(通称「神サイ」)のメンバーは、ボーカルの柳田周作、ベースの桐木岳貢、ギターの吉田喜一、ドラムの黒川亮介の4人です。 【神はサイコロを振らない/夜永唄】 歌詞の意味の解釈でした!. 特にボーカル柳田のハスキーで艶やかさを感じる歌声はバンドの魅力のひとつではないでしょうか。 だからこそ閉塞されたいま、光を求めた人々が辿り着いた音楽が「神はサイコロを振らない」だったのではないでしょうか。

次の

神はサイコロを振らない、儚くて激しい気鋭のロックバンドの魅力に迫る

神様 は サイコロ を 振ら ない 歌詞

SIZE [お問い合わせ] SUNDAY FOLK PROMOTION TEL. 花言葉や主人公とあなたの関係性など、かなり深読みして解説させて頂きましたが、本当に聴き手によって感じ方が変わる歌詞ですよね。 起死回生を願い どれほど経ったのかは分からないまま 僕はまだあの光景を忘れられずにいる 夜の帳に運命を問いかけては途方に暮れている 幽霊船のように漂う 花は散り際に何よりも美しく 幾千の星屑達よ 何処へ君を連れていく 鳴り響く空を越えて何千 この命は今誰の為 揺らいだ日々に流れる涙 ドラマチックな空に問いかけ 音の響き渡らない場所 向こう岸に立つ君の元まで 果てなく続く余生に 四六時燦然とした愛を永遠に唱え She used to be inside me. 町内会やビンゴで使うクジだって計算しようと思えば出来ると思うし。 しかし何度願ってもあなた触れることすら叶わないのです。 花びらのように未来に枯れてしまうことがわかっている というポジティブとネガティブのダブルミーニングがあるのでしょう。 願いが叶わない主人公は、独りよがりで痛くて長い夜を思い出す。 だからきっと、アインシュタインの言ってる事も、そうかも知れないねって思える。

次の

神はサイコロを振らない、儚くて激しい気鋭のロックバンドの魅力に迫る

神様 は サイコロ を 振ら ない 歌詞

人間がサイコロを振るのだって、サイコロを振ったときの力量、角度、 落ち始めの目、床面までの距離、摩擦係数、重力とか全部計算すれば 予測も出来ると思うし。 また 花びらに似た指先というのは、• ライブでは、彼らが持つ静と動のメリハリが際立ち、場の空気を完全にコントロールしてしまう。 触れ合う指先は小刻みに震えていたのに 目隠しした身勝手な僕と 悟られぬよう自らを犠牲にして 優しく包むように慈愛に満ちていた君 夢の中でさえ狂おしく美しく 失った今 もう輝き出す事はないよ 明け方包まった君の側で 微笑み合うただそれだけで 心の隙間埋めてくれてた エゴイズムで満ちた愛だけが 錯覚した孤独の夜に 君の声を聞いた気がした 果てなく続く余生に 四六時燦然とした愛を永遠に誓う 混ざり合って溶けてゆく 水彩のような二人の距離は 時を越えていつの日か 再会を果たしそうで 鳴り響く空を越えて何千 この命は今誰の為 揺らいだ日々に流れる涙 ドラマチックな空に問いかけ この命は何処にでもある 取り替えのきく代用品で 君のいない世界に 記憶も愛も全て投げ出せたら. いつも何かを探し求めているような、時に哲学的でピュアな歌詞。 規則的な配列を人間が探しきれていないだけだと説明したわけです。 現代物理学ではボーアらの考え方に軍配をあげつつありますが、厳密には現在に至っても未だ論争に決着がついていません。 神サイのオススメ3曲 幅広い音楽性と印象的なフレーズの歌詞が魅力的な「神はサイコロを振らない」。

次の

神はサイコロを振らない 解放宣言 歌詞

神様 は サイコロ を 振ら ない 歌詞

自分に正直に生きることが難しい現代だからこそ、彼らは常に音楽で暗闇を照らし続け、傷口をそっと撫でできました。 こんなに心を蝕まれても、冷めて遠くに行ったあなたを近くに感じたいのだと。 理論物理学者であるアルベルト・アインシュタインの言葉に由来するそうで「そこには必ず物理の法則があり、決定されるべき数式がある」と、量子力学の曖昧さを批判したものでした。 一言一言を大事に紡ぎ出しているような説得力は歌詞に深みを与え、その言葉たちは時に核心を突いてきます。 。 なぜ一年越しにヒット曲となったのか。

次の

神はサイコロを振らない 解放宣言 歌詞

神様 は サイコロ を 振ら ない 歌詞

歌手: 作詞: 作曲: 幸も不幸もない 感情さえもうない 流れ作業のように息を吸って吐いて 触れれば崩れ堕ちていく ザラついた塊 波打ち側に立って ひび割れて溶け出す 硝子玉に刺す 時計台は無情にただ時間を刻んだ 燻っていたのはきっと孤独に怯えていたから 断ち切ったはずのあの愛は未だ身体中が覚えている 重なり合った日々を忘れたくなくて 傷痕は消えぬまま 独りよがりでもいい 幼気な身体にただ触れていたいだけ 君の幸を願い 壊れていかないようにそっと 隠し持っていたんだ 錆びきった刃を眺め揺らめいて 燻っていたのはきっと孤独に怯えていたから 断ち切ったはずのあの愛は未だ身体中が覚えている 重なり合った日々を忘れたくなくて 傷痕は 変わり果てる街並みの景色と君 置き去りにされても苦悩の先へ 零れ堕ちる涙も乾かない夜に 蝕んだままの欠落を. 「前に倣えば報われるのだろう」誰もがそうだと信じ生きている 番号付けされた未来はみ出そうとする僕らを 誰かが嘲笑っても気高きその翼で弧を描いて不条理に呑まれた太陽 無情にもこの世界は夢抱いた少年から 光すら奪い去ってゆくけど君は君でいい ありのまま旗を掲げ現実で日々戸惑い迷いながらも果てしなき砂漠をひた走り続けてこの世界中で 唯一君が誇れるものを他の誰にも渡さないでいて欲しい刹那に過ぎてゆく日々で 疑いばかり覚えて傷つかぬ為の予防線を張ってる汲み上げども尽きぬほど湧き上がってくる苛立ちや焦り、不安、重圧に 蝕まれそうになった時いつも側にいて共に泣き笑いながら七転び八起き 再び奮い立つ覚悟を僕に君が宿してくれるから戻れない時間の中で僕らは叶わぬと知りながら夢を見て不条理に呑まれた太陽 無情にもこの世界が夢抱いた少年から 光すら奪い去ってしまっても哀しみに暮れる今日も 涙の乾かぬ明日も孤独すら糧にして それでもなお強く生き抜いてゆけ 終電は間近 浴びるほど酔いしれて 今だけは忘れて愛のない身体の交わりじゃ 充たされぬと知りながら恋い焦がれ 月明かり照らせれて 枝垂れ桜声にならぬ声 喜がり踊るの揺らめいて候 甘い舌を這わせ溶かしてよ月が綺麗なんて 優しい嘘なら要らないの貴方永遠なんて求めれば 去ってゆくのでしょうせめて夜が更けるまで 凝視めて欲しいの酩酊へ沈み ふしだらにかげろう 一輪の花が愛に飢えまるで飼い主の帰りを待つ 捨て猫のよう宵の春 艶やかになびく髪 耳朶を食まれ熱を帯びあてがった 乱れ桜火照った朧月夜 貴女の奥果てたいよ紛い物の愛演じて 身体が欲しいだけ溺れ堕ちたいなんて 抱えきれないよ 冗談でしょう汗ばんだ糸結び目に 交わした出鱈目揺らめいて候 甘い舌を這わせ溶かしてよ月が綺麗なんて 優しい嘘なら要らないわ貴方永遠なんて求めれば 去ってゆくのでしょうせめて夜が更けるまで 凝視めて欲しいのねえいつだって 性懲りなく 過ちを重ねて寄り添った 淋しさだけの篝火. 脳裏で繰り返されるあなたと過ごした日々を思い出しながら、何度も何度も思い出が現実に返り咲くことを願っているのです。 パチンコの玉の動きから当たりを引く事まで全て計算で必然に出来るとも思う。 音を鳴らした瞬間、オーディエンスをその世界に深く引き込み、鳴り止んだ瞬間、まるで催眠術から覚めたかのように、解き放つ。 そして気になるのはやはり「神はサイコロを振らない」というバンド名。 CLUB 27 03. 現在話題を集めている『夜永唄』と同じアルバムに収録されながらも、対照的な楽曲となっており「神はサイコロを振らない」の幅広い音楽性がうかがえます。

次の

神はサイコロを振らない 揺らめいて候 歌詞

神様 は サイコロ を 振ら ない 歌詞

花びらのように可憐なあなたの指先 という意味と、• 俺、この辺の話は疎いんだけど、なんとなく分かる気がするなぁ。 これは、条件が全く同じなら何回繰り返しても弾の着弾点は変わりません。 そして繰り返されるフレーズは、 秋の終わりに消えていったあなたを繰り返し想起している主人公と重なります。 世の中って、本当の偶然って存在しないと思ってるんだよね。 つまり、粒子の運動量と位置を同時に正確に測る事が出来ないという事実に対して、ボーアなどはランダムな数値の為測る事が出来ないという考えに対抗して、アインシュタインは、ランダムな数値ではない(神様(自然の現象など)は決してランダムにはおこっていない(サイコロを振るようにランダムではない)。 終電は間近 浴びるほど酔いしれて 今だけは忘れて 愛のない身体の交わりじゃ 充たされぬと知りながら 恋い焦がれ 月明かり照らせれて 枝垂れ桜 声にならぬ声 喜がり踊るの 揺らめいて候 甘い舌を這わせ溶かしてよ 月が綺麗なんて 優しい嘘なら要らないの 貴方永遠なんて求めれば 去ってゆくのでしょう せめて夜が更けるまで 凝視めて欲しいの 酩酊へ沈み ふしだらにかげろう 一輪の花が愛に飢え まるで飼い主の帰りを待つ 捨て猫のよう 宵の春 艶やかになびく髪 耳朶を食まれ 熱を帯びあてがった 乱れ桜 火照った朧月夜 貴女の奥果てたいよ 紛い物の愛演じて 身体が欲しいだけ 溺れ堕ちたいなんて 抱えきれないよ 冗談でしょう 汗ばんだ糸結び目に 交わした出鱈目 揺らめいて候 甘い舌を這わせ溶かしてよ 月が綺麗なんて 優しい嘘なら要らないわ 貴方永遠なんて求めれば 去ってゆくのでしょう せめて夜が更けるまで 凝視めて欲しいの ねえいつだって 性懲りなく 過ちを重ねて 寄り添った 淋しさだけの篝火. これはカンタンにいうと 「先の実験で、『全く同じ条件』で実験をしたと主張しているが実はそれが間違いではないか。 23 ・吉田喜一 Kiichi Yoshida Guitar 1996. 直訳:神は賽を投げない)という言葉を用いた。

次の