大宮 神社 五井。 五井大宮神社|市原市五井の神社

上総国五井 大宮神社

大宮 神社 五井

しかしながら、外出自粛が必要な 今でも多くの方が、遠方よりお参 りにお越しになります。 (大宮神社再建記念碑より)  五井大宮神社の周辺図 五井大宮神社 • 江戸時代には開運・殖産・農業・漁業への守護の御神徳 より近隣二十八ヶ村の総鎮守として庶民の信仰を集めた。 ちょうど天神社の裏に隠れるように「扶桑教」の文字の刻まれた石碑。 偶々火災に罹り古記什寶悉く烏有に歸す。 駐車場の入口は、この鳥居に向かって右側にあります。 ちなみに、こちらは東側にある駐車場。

次の

市原市の神社|市原市の神社一覧と概要

大宮 神社 五井

大国主神(おおくにぬしのかみ)との呼ばれている 国土開拓の神であるとともに、農業・産業の恵を授ける神。 位置的には、南から伸びる表参道(?)の右側にあります。 姉埼神社(市原市) 大宮神社から約6. 鳥居の後ろには「富士塚」。 御朱印を押す際、お預かりした朱 印帳の向きや頁が間違っていない か確認するために、前の頁を見さ せていただきます。 境内社の浅間神社。

次の

市原市の神社|市原市の神社一覧と概要

大宮 神社 五井

治承四年源頼朝が房州より上総を経て東上の折奉幣、祈願を修む。 館山自動車道 市原ICから約2km 車で5分 大宮神社(市原市五井)の駐車場は? 大宮神社の駐車場は、境内の北側と東側(未舗装)にありました。 大宮神社(五井)は、 日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征した折に創建された、と伝えられています。 菊間八幡神社(市原市) 大宮神社から約7. お参りいただくことはありがたい... ここは日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が亡くした妻を偲び、海を見た場所と言われています。 建久中家臣に命じて報賽せしむ、爾後屡、家臣を遣して代参せしと云ふ。

次の

市原市の神社|市原市の神社一覧と概要

大宮 神社 五井

天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ) 太陽のように光り輝く御神徳で高天原を治める神であり、皇室の御祖先神。 五井大宮神社の由緒 五井大宮神社は、日本武尊東征の際に創建したと伝えられ、源頼朝が房総から鎌倉へ向かう際にも祈願、江戸期を通して領主の崇敬を受け、享保年間(1716-1736)までは近郷4ヶ村の鎮守社だったといいます。 現在では地域の鎮守とともに、京葉臨海工業地帯の各会社の守護神として広く崇敬を集 めている。 明治維新後は村社に列格していました。 大己貴命(おおなむちのみこと) 一般にだいこくさまと親しまれている神。

次の

[千葉県市原市] 大宮神社(五井)

大宮 神社 五井

社殿が西向きなのが不思議で調べてみると、驚きの事実があった・・・!? 雅な女神様をお祀りする、空気の澄んだ良い神社です!. 比較的大きな社地を持つ神社のようです。 日本武尊の東征は、景行天皇の御代40年ごろに始まったそうです。 JR五井駅西口より約700m 徒歩8分• 五井大宮神社の概要 社号 大宮神社 祭神 国常立命、天照皇大神、大己貴命 相殿 - 境内社 大六天神社、浅間神社、子安神社、水神社、疱瘡神社、天満神社、日枝神社、八雲神社 例祭日 春季例祭3月27日、秋季例祭11月1~3日 住所 市原市五井1597 備考 -• 現在の御本殿は、三間社流造りで、棟札などには江戸時代に数度にわたる改修が行われた記録が残されている。 五井大宮神社は、日本武尊東征の際に創建したと伝えられ、源頼朝が房総から鎌倉へ向かう際にも祈願、江戸期を通して領主の崇敬を受け、享保年間(1716-1736)までは近郷4ヶ村の鎮守社だったといいます。 大宮神社(市原市五井) 〒290-0056 千葉県市原市五井1597 0436-21-1979• 一の鳥居をくぐり、進むと立派な社殿。 ちょっと雅やかな雰囲気さえ感じます・・・ 私は田舎の樹々に囲まれた神社の参道が大好きですが、こういう参道もまた良いですね。

次の

五井大宮神社|市原市五井の神社

大宮 神社 五井

飛鳥時代からの古い歴史を持つ古社です。 5km 車で18分 市原市の緑豊かな丘の上に建つ。 登山できるような筋はあるものの、現在は登山禁止となっている模様です。 その後、治承四年(一一八〇)に源頼朝が当社に参詣し、奉幣祈願をしたという記録がある。 徳川時代は地頭、領主の崇敬厚く、さらに開運・殖産・農漁業の守護神として庶民の崇敬の的となる。 島穴神社(市原市) 大宮神社から約4km 車で10分 創建に日本武尊の伝説を持つ。 (市原郡教育會編纂「市原郡誌」より) 境内掲示による五井大宮神社の由緒 社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東征された折の御創建と伝えられる。

次の