クラシエ ココン シュペール。 商品一覧ページ

ココンシュペールの種類と違い。どれがいいか比較してみた

クラシエ ココン シュペール

処方 髪内部にあるアミノ酸とよく似た構成成分のアミノ酸を豊富に含み、髪内部にとどまってダメージを補修します。 いち髪• 悪くは無いが・・・良くもない。 そんなクラシエシャンプーですが、「数が多くて分からない」という人のために評価しながら一覧にしたので次の項目からぜひご覧ください。 これだけなら星6か7はあげたい。 (29歳女性・ ) 一回分をお試しの口コミです。

次の

美容家 神崎 恵さん プロデュース「スインググロスオイル」に続き、「ココンシュペール」より「スインググロスシャンプー&トリートメント」限定発売|クラシエホームプロダクツ株式会社のプレスリリース

クラシエ ココン シュペール

ただし、高評価の人には若い人が多かったので、エイジングケアが気になる世代の人にとってはどうなのか気になるところ。 金色のまゆというのは、普通の白いまゆ玉とは違い、黄色がかったまゆ玉。 アミノ酸系というと「うおおぉ!」と飛びつきたくなりますが、この『ラウロイルサルコシンTEA』はアミノ酸の中では洗浄力が強めな成分です。 カラーはしてます。 なお漢方相談(「自分の病気にはどの漢方薬をのめばよいか?」などのご相談)は受け付けておりませんので、ご了承ください。

次の

【クラシエのおすすめシャンプー】美容師評価【全種類中】

クラシエ ココン シュペール

ただなかなかのきしみで毛先が絡まりすすぎが大変でした。 【発売予定日】 2018年9月10日(月) 【WEBサイト】 【販売チャネル】 全国のドラッグストア、スーパーマーケット等. つけた瞬間にふわっと気分が華やぎ、エレガントな印象を演出します。 <こだわり3> 「ストレスフルな外的環境から、髪を守る」 アイロン・ドライヤーの熱や紫外線など、現代女性の髪はさまざまなストレスにさらされています。 私は使うことは無いですが、市販の中であればかなり良い具合の成分だとは思います。 当記事を読んで頂いているあなたは、今日からシャンプーを選ぶ時はぜっったいに洗浄成分くらいはみるようにしてくださいね。 洗浄成分と補修成分のバランスがいいからだと思います。

次の

クラシエから「ココンシュペール」のスインググロスオイルが新発売。

クラシエ ココン シュペール

CONCEPT coconsuper ココンシュペール は、 「女性が本当にほしいヘアケアとは何か」を追及して誕生したヘアケアライン。 洗浄成分は少しバランス多めになっていて、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸TEA、塩化Na、とマイルドな成分ばかりですが 通常のシャンプーよりもかなり多めな印象。 引用: セリシンが表面を補修する研究結果も出ているようなので、効果が期待できるのは間違いなさそう。 手にも馴染みやすく、かつ使用感も良さそうなボトルは市販品とは思えないクオリティになっています。 ココンシュペールは3種類のうち2種類は、アミノ酸系洗浄成分は「主」ではなく「サブ」の洗浄成分。 瓢箪のような独特なフォルムに、薄いベージュカラーが特徴となるココンシュペール スリーク&リッチシャンプー。

次の

【元美容師が解析】まだ買うな!ココンシュペールの成分は「あのシャンプーとほぼ同じ」でした。

クラシエ ココン シュペール

その名前からも想像できる通り、髪が風に揺れた時に髪のツヤとほのかな香りがかおる、グロスオイルです。 髪1本1本をコートしながら、軽い仕上がりと、瞬時にツヤを宿した美しい質感を叶えます。 ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• が、地肌のすっきり感、気持ちいいんだよなぁ、、。 ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• つま ココンシュペールは、美しくあるために変わり続ける。 サイズも大きめ(500ml)で片手で使うには少し大きめ。 発信者番号を非通知に設定されているお客様は、電話番号の前に186をつけておかけください。 かなり洗浄力は控えめなので地肌に潤いが残っていました。

次の

【クラシエのおすすめシャンプー】美容師評価【全種類中】

クラシエ ココン シュペール

と助言しておきます。 使用した商品• コーティング成分が多めなので、その影響で硬くなっているのかもしれません。 これにより、保湿機能や紫外線カット機能が維持され、髪をつややかに保ちます。 日中に付け足してもサラサラをキープできるというから驚き。 神崎さんの「私が欲しいのは、風が吹いたときに揺れるような軽いテクスチャーのオイル。 エアリーブルーム(青) 青(紫?)のパッケージのエアリーブルーム。 艶も出ますし香りも強めに香ります。

次の

ココンシュペールの口コミ一覧|美容・化粧品情報はアットコスメ

クラシエ ココン シュペール

といった感じの成分。 残る1種類もアミノ酸系が主ではありましたが、比較的脱脂力が高めのラウロイルサルコシンTEA使用。 2018年に、ブランド誕生10周年を記念して、神崎氏と共同開発した「スインググロスオイル」を発売。 【開発背景】 「ココンシュペール」は、クラシエの40年に及ぶ髪の専門研究にもとづき、女性チームで「女性が本当に欲しいヘアケアとはなにか」を追求して誕生したヘアケアブランドです。 名前こそ珍しく、レア成分に見えるものの性質的には市販シャンプーによく配合されている『コカミドプロピルベタイン』とほぼ同等の性質の成分。 UVカットやヒートプロテクトなどの機能を備え、外的ストレスからも髪をしっかり守ります。

次の

【元美容師が解析】まだ買うな!ココンシュペールの成分は「あのシャンプーとほぼ同じ」でした。

クラシエ ココン シュペール

ただ、市販の中では1500円弱とやや高額な価格設定なので、この価格であれば「別にこのシャンプーじゃなくてもいいなぁ」というのが私の本音ですね。 さて、そんなクラシエですが市販シャンプーの中でも人気商品が多いですよね。 ピュアスカルプ(シルバー) メインの洗浄成分は「ラウレス-4カルボン酸Na」で酸性石鹸と呼ばれている成分です。 1本1本がサラサラと揺れる、軽やかで、それでいて、ツヤやかに光をたたえた髪に導きます。 とはいえサルフェートフリーということで、一つ一つの素材はマイルドで品質はは高めな印象です。 また、ウロコ状になっている髪表面のはがれや傷みを補修するように働きます。

次の