嵐 大宮 ブログ。 大宮の検索結果 フォレストページ

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

「empty song」 硝子さん• 先日放送された『嵐にしやがれ』でも、絶品の鳥わさに舌鼓を打つ大野の「半生なんだね」というコメントに、「もともとそうだから」と真っ先にツッコミを入れたのも二宮だった。 でも、結局のところそれは呪いだ。 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 辞めたいなら黙ってさっさと辞めりゃよかったんだ。 は歌が抜群に上手い。 そこに嘘は無いだろう。

次の

嵐 大野智×二宮和也の“大宮コンビ”はなぜ愛される? 歴史の長い二人の関係性を探る

嵐 大宮 ブログ

「ラブノット」 まどかさん• ファンの理想を追い求めるのがアイドルだ。 Twitter上では「 大宮の日」のハッシュタグとともに、大宮コンビに向けたファンの声が多くあがっていた。 のコメントは抜群に面白い。 復帰なんてあり得ない。 そりゃもう、突き抜けてる。 パフォーマンス中に見られる二宮から大野に向けられる過剰なスキンシップも、ファンの間ではおなじみ。 一部のファンは「辞めたかったのに、我慢して続けてくれてありがとう」と言う。

次の

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

だからこそ、今貴方のことがこの世で一番嫌いだ。 お願いだから、帰って来ないでくれ。 」 ファンだった頃、この「辞めたかった」という言葉を聞くたびに心臓が重くなった。 が好きだった。 「蝶の檻」 沙耶さん• 昨日の夜は声を上げて泣いてしまって、 それがなんの涙なのかさえわからなかったけど、とりあえず目が腫れた。 ……はびっくりするぐらい頑固だ。 まさに「大野を理解しているのはこの俺だ」と言わんばかりだ。

次の

嵐 大野智×二宮和也の“大宮コンビ”はなぜ愛される? 歴史の長い二人の関係性を探る

嵐 大宮 ブログ

デビューしてからも逃げ出すことばかり考えていた」 「10周年の前、辞めたかった。 松本潤としたとき、大野の1と、二宮の4の入った日付である4月1日が彼らの記念日としてファンの間に浸透していったようだ。 「きくるの森」 椎名憂希さん• の中にアイドルとしての自覚は、一生芽生えることは無かった。 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん• この世で一番、好きだった。 心の底から思う、と出会いたくなかったと。 当時の私は、にアイドルを名乗る資格は無いと思った。 その中でもっとも多かったのは「二人がいちゃいちゃする姿、ちょっかいを出し合う姿が好き」というものだ。

次の

嵐 大野智×二宮和也の“大宮コンビ”はなぜ愛される? 歴史の長い二人の関係性を探る

嵐 大宮 ブログ

二宮和也、5. ファンの子ももっと見たいだろうから、増やそうよ」 と提案されても、 「無理。 また、コンサートを通して大宮コンビにハマる人も多いそう。 ファンを幸せにしたいと汗を流しているアイドルは他にいくらでもいるのに。 20年間、ところどころで「辞めたい」なんて呟きながら活動なんて、しなきゃよかったんだ。 」」 有沙さん• 押し切られて、デビューした。 嵐の物語を「おしまい」でくくることはできなかったんだろう。 何度も女と撮られた。

次の

嵐 大野智×二宮和也の“大宮コンビ”はなぜ愛される? 歴史の長い二人の関係性を探る

嵐 大宮 ブログ

破綻しているアイドルなんてもう二度と出てこないで欲しい。 。 過去には「大宮SK」というパフォーマンスユニットを組んで、オリジナルソングを披露したこともあった。 辞めたいのに我慢して続けているアイドルになんの価値があって、あまつさえ感謝なんてするんだろう。 アイドルとしての価値も、もちろん無い。 アヘ顔まで晒されて、「君は大野なんてしません」だの散々言われた。 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 櫻井翔、3. 帰ってくる保証はどこにも無い。

次の

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

本当はアイドルになんてなりたくなかったのに。 「例えば釣りをしていても、明日は仕事だなとか考える。 これはとんでもなく長い時間をかけた、茶番だ。 「rawra」 レイカさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 」とすっぱーんばっさーと断る男だ。 そしてなによりは、人から愛される才能が半端ない。

次の

大宮の検索結果 フォレストページ

嵐 大宮 ブログ

大野智、2. 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• それなのに「またいつか」なんて言葉を使うのは、その中身は、本当に優しさだろうか。 なぜこの日なのかというと、メンバーを年齢順に並べ、1. 「「I feel... 私から見れば、狂った発言だ。 デビューしたくても出来なかったかつての仲間に、思うところはないのだろうか。 でもは「アイドル」だ。 「アイドル」はファンを幸せにするのが仕事だ。 その場所に立ちたくても立てなかった人が沢山いる中、強靭なメンタルでよく立ち続けたよ。

次の