横浜 カジノ 説明 会 司会。 横浜市 IR説明会を初開催 カジノ不安、色濃く

横浜市がIRの市民説明会を実施するも反対意見が噴出

横浜 カジノ 説明 会 司会

来年3月まで全18区で行う説明会の初回で、林文子市長が市の厳しい財政やIRによる経済効果などを説明。 (客席から発声) 19号につきましては、国と一生懸命、(客席から発声)国と一生懸命にですね、防御するために、台風19号に対しては大変残念な、川崎市や相模原市が本当に大変でしたけれど、横浜市はほとんど被害がないということでいられました。 (客席から複数の発声)時間の関係で(客席から発声)、あの早口でお話しましたけど、こういうこと、これつまり何のお話をしたいかというと、財政的に横浜市はここまで厳しいところなんだ、というのをちょっとお分かりいただきたいです。 素案に対する意見募集で、830人・団体から計2129件の意見が集まった。 (客席から発声続く) ですから、休憩時間の、(客席から発声続く)休憩時間を、休憩時間を挟みまして、(客席から発声続く)ご質問があるのでしょ、ご質問のところで、ちょっと今のお声を聴かせていただければいいと思います。 7時55分から第二部開始といたします。

次の

横浜カジノIR誘致&構想予定地ニュース速報(みなとみらい)

横浜 カジノ 説明 会 司会

それをやってほしいというのであれば、市におっしゃってください」 住民「今、やってください」 司会者「今というのは無理です」 住民「なんで、あなたができないと言うんですか」 司会者「できると思う方!」 住民「横浜市には市民の声を聞く意思がない」 いったい、この司会者は何者なのか。 対策に具体性がない」と不満をもらしていた。 (客席から複数の発声続く) さて、この横浜市の人口をご覧いただきたいと思います。 普段からですね、何か、ことがあっては大変だということで予算は付けているのですが、一度に100億円近く緊急的に支出しなくてはいけないという事態にあったわけですね。 これは市長として、この10年だとか、(「無駄を減らせ」「天下り先を減らせ」など客席から発声)もうね、無駄はさんざん削ってきました。 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を表明した横浜市は、きのう4日(2019年12月)に住民説明会を開いた。

次の

【延期】IR(統合型リゾート)市民説明会の開催について 横浜市

横浜 カジノ 説明 会 司会

藤木幸夫会長は、再開発が計画されている山下ふ頭(同区)について「世界中がギャンブルの場として狙っている。 当日の状況等 区 会場 開催日 当日の質疑要旨 当日いただいた質問書と回答 単純集計結果 中区 開港記念会館 令和元年12月4日 水 神奈川区 神奈川公会堂 令和元年12月9日 月 西区 西公会堂 令和元年12月14日 土 金沢区 金沢公会堂 令和元年12月19日 木 鶴見区 鶴見公会堂 令和元年12月21日 土 磯子区 磯子公会堂 令和元年12月26日 木 南区 南公会堂 令和2年1月17日 金 旭区 旭公会堂 令和2年1月20日 月 保土ケ谷区 保土ケ谷公会堂 令和2年1月23日 木 港南区 港南区民文化センターひまわりの郷 令和2年1月28日 金 緑区 緑公会堂 令和2年2月11日(火・祝) 港北区 港北公会堂 令和2年2月14日 金. 昨年9月に作った開発基本計画によると、山下ふ頭の将来の姿に関し、滞在型リゾートやエンターテインメント空間創出を中核に据えた「 ハーバーリゾート」と銘打っており、カジノ解禁を見据えた再開発が急ピッチで進むことになる。 本会議では、「自民党・無所属の会」と公明党の議員が賛成討論、「立憲・国民フォーラム」や共産党などの野党系議員が反対討論を実施した。 — YK🌈 パイナップルとーさん🍍 私たちみんなが福山和人 YK49150270 カジノ誘致の口コミ. (客席から発声続く)(林市長が舞台真ん中から自席に戻る) はい、はい、それではいきましょう。 中区在住の70代男性は「少しは理解が深まったのでは」と説明会を評価。 署名を提出したのは、寿地区(同市中区)でギャンブル依存症の患者を診察する医師らでつくる「横浜へのカジノ誘致に反対する寿町介護福祉医療関係者と市民の会」(略称・KACA)と、横浜を除く県内在住者らで立ち上げた「横浜IRカジノに反対する横浜市民以外の会」。

次の

横浜市 IR説明会を初開催 カジノ不安、色濃く

横浜 カジノ 説明 会 司会

参加者からは、カジノに対する不安の声が多数寄せられ、林市長は「丁寧に説明し、理解を得ていく」と繰り返した。 カジノにはギャンブル依存症や治安悪化などの懸念があるため、市民に理解を得る必要があるとして、来年3月までに全18区で市長自らが登壇する説明会を開催する。 藤木氏は相談役に就き、新会長には藤木氏の長男幸太氏(65)が就任した。 さて、ここからは数字なんです。 聴き取れなかった発声は、それがあったことのみを記載しています。 (客席から複数の発声) これも、もう全国の伸びが見込まれていますが、横浜ではその伸びをしっかりと取り込めていないのが現状です。 関心のない奴はここに来てない」「うるさいのは出ていけよ」など客席から発声の応酬) <林市長> 申し訳ございません、なんかね私の進行がちょっと悪いという、お詫び申し上げたいと思います。

次の

横浜市 IR説明会を初開催 カジノ不安、色濃く

横浜 カジノ 説明 会 司会

今回情報提供を行なった12の事業者はすべてIRの立地場所を「山下埠頭」と想定している。 ちょっと今までご説明してきましたけど、先ほどですね、大変その最初の説明が長いという風に(「長い」と客席から発声)おっしゃっていただきましたけれども、これ全体のご説明をしないと、この説明会として理解いただけないと思って、今までですね、(「わかってて来てるんだよみんな」など客席からの発声と複数の拍手)11の、11の区の説明をしてまいりました。 。 しかし、これらの依存症が非常に不安感、問題ですね。 「既存のホテルにも観光客の利用が増えるだろう」と述べ、地元経済への波及効果もアピールした。 市民からの質問は元TBSアナの渡辺真理さんが代読。

次の

市民は激怒!横浜市のカジノ誘致説明会―市長のらりくらり、司会者は質問打ち切り: J

横浜 カジノ 説明 会 司会

市職員だとしたら、あまりにも市民をバカにしてはいないか。 今、考えている、手を上げるんじゃないかとよくメディアに出てくるのが名古屋市と東京都です。 本日は第一部が林市長による説明、休憩をはさみまして、第二部は皆様からいただいたご質問にお答えする、質疑応答という構成でございます。 さて、カジノが作られた場合、入場するときの厳格な規制というのはこういうふうになっています。 これらの数字ですが、なんでこんなに差が出ているのかということなんですが、事業者ごとに想定する投資や施設規模などが異なるために数字に幅が出ているわけです。

次の

市民は激怒!横浜市のカジノ誘致説明会―市長のらりくらり、司会者は質問打ち切り: J

横浜 カジノ 説明 会 司会

しかし、横浜市は個人自民税が4割で、法人市民税が1割に満たないという市税収入の構造があり、570億円にとどまる。 これが山下埠頭なんですが、じゃあ、このIRをどこでやるのかということは、今はですね、山下埠頭ということにしております。 <司会> 開催趣旨と流れについてお聴きいただきました。 みなさんに頑張っていただいて上がったのですが、2015年度以降にですね、国が税制改正をいたしまして、赤くお示ししている法人市民税の一部が国税化されてしまいました。 林市長は2019年をピークに生産年齢人口が減少し経済活力の低下や個人市民税が減少する一方で社会保障費は増加すると説明した。 具体的には、建設業や卸売・小売業(「カジノが無くてもできます」など客席から発声)、サービス業、運輸業、農業などにおいて市内企業への発注が促進されます。 2019年6月25日、横浜市はIR導入を判断するために行なった調査報告について説明会を開催した。

次の