ユーゴ マルシャン。 Cours de danse avec le danseur Étoile Hugo Marchand

1幕のアルブレヒトは難しい パリ・オペラ座バレエ団『ジゼル』(ユーゴ・マルシャン/アマンディーヌ・アルビッソン)

ユーゴ マルシャン

休暇に入ってから数日間しかなかったのでなかなかハードでした。 これからも私の踊りをお客さんに楽しんでもらえればそれがダンサーとして一番嬉しいです。 2020• スクダモアは足さばきは美しいですが、やはり若干上体の堅さがふとしたときに目につきます。 naver. social. ーー『ヴェーゼンドンク歌曲集』を終えていかがですか?この作品は、8月の終わりから取りかかり、5日間で仕上げました。 relatedSites.。 私たち3人はとても仲良しなので、一番自然で動きやすい形で創作、公演できたと思います。 gqjapan. まあ、正直、今後に期待というところでしょうか。

次の

Chevron

ユーゴ マルシャン

『ヴェーゼンドンク歌曲集』は、このガラのためにあなたとジェルマン・ルーヴェ、オニール八菜の3人にジョルジオ・マンチーニが創作する作品なのですね。 vogue. primary. A:素晴らしいプロジェクトなんですよ。 secondary. voguehk. vogue. 日本は今回で7回目ですし、だいぶ馴染んできましたね。 エトワールとなった今はスケジュールにも余裕ができましたし、カンパニーの外からの注目度も上がったので、この肩書にふさわしい存在にならなければと思っています。 でも、僕はエトワールなので無理です。

次の

【無料レッスン動画】インスタグラム特集

ユーゴ マルシャン

ヒラリオンはジェレミー=ルー・ケール。 時には音楽なしで即興で踊ることもあり。 僕たちが自分を表現する方法を探す手助けを一人一人にしてくれて。 とても複雑なキャラクターです。 この間フィルハーモニー・ド・パリのコンサートで、勅使川原三郎と佐東利穂子がバッハの『ブランデンブルグ協奏曲』に合わせて踊ったのを見ました。

次の

【無料レッスン動画】インスタグラム特集

ユーゴ マルシャン

A:僕は森の中の狩人。 それまで体調も万全だったのに、踊れなくなり、楽しみにしていた「ドン・キホーテ」も降板せざるを得ませんでした。 年齢もほぼ同じ、受けた教育も同じ、生活も似ている・・・お互いそれぞれの生活があるけれど、オペラ座外でも一緒に映画や展覧会に行ったり、ブランチをしたり、バカンスを過ごしたり。 2008• でも、今僕はとても幸せで満足しています。 観客に対して、自分の見せられる最高の舞台を常にみせるように努めています。 冒頭の従者とのやりとりでは身分差をはっきりと示して欲しいし、ジゼルや村人とのやりとりであっても、庶民の仮面の下から貴族的なものが見え隠れしているというのがどのようなアルブレヒトにも求められるものだと思っています。

次の

Chevron

ユーゴ マルシャン

重みを肩にずっしりと感じています。 両親がいない場所での任命ということは少々フラストレーションなので、感情面ではポジティブとネガティブの両方があるけれど、エトワールという階級に至れたのは、とても幸せなことです。 ここまで来ると惚気のようになってきますが、早熟な20代半ばのダンサーと時を同じくできて本当に嬉しい。 僕たちの友情、そして信頼感がこの作品にはたくさん込められていたので、僕たちにとってとても特別な思い出となりました。 social. 日本のバレエファンにとっても、とても喜ばしいプログラムだと思います。 このガラは任命からすぐのことだったので、僕はとっても感動しました。 八菜とジェルマンとは本当に仲良しで、よく笑い合い、多くの経験をともに分かち合ってきました。

次の

パリ・オペラ座のエトワール、ユーゴ・マルシャンが語るナントの町

ユーゴ マルシャン

引退後、リハーサルコーチやバレエ・マスターになろうという気持ちは僕にはありません。 ちょっと特殊です。 vogue. 果たしてこうした日が僕にもいつか来るのだろうか・・って。 特にストーリーのあるバレエではないはずが、「ダイヤモンド」であなたが舞台に出た瞬間に何かストーリーが始まる、と思わせるものがありました。 新型コロナウイルスの影響でバレエを習っている子供たちはもちろん、世界中のバレエ団のダンサーたちも自宅でのレッスンを余儀なくされています。 A:この役が踊れることになって、すごく満足しています。 Q:今年の年末は『ドン・キホーテ』に配役されています。

次の

パリ・オペラ座のエトワール、ユーゴ・マルシャンが語るナントの町

ユーゴ マルシャン

socialNetworks. vogue. 夜になって、エトワールとして舞台で踊るというだけ。 とても美しい物語なので、踊りたいという気を掻き立てられます。 とても感謝しています。 普通背が高いと敏捷性にかけたり、下肢の動きがスピーディではないものです。 2017• ニコラ・ル・リッシュのアルブレヒトがあまり気に入らない上に 当時、他にもダンサーはたくさんいたはずなのに、なぜ収録をリッシュの日にしたのか解せない 、『ジゼル』を見たいと思うときにはいつもウラジーミル・マラーホフのDVDを開いてしまうため、オペラ座の『ジゼル』のDVDは人生で数回しか開いたことがございません。 2012• 仕事の継続ということですね。 ドキールは個人的には独特の雰囲気を要する役柄で見たかったとは思いましたが、まずはペザントで見られて嬉しいです。

次の