東電 吉田 所長。 吉田元所長の死について疑問を抱く。 福助

吉田昌郎

東電 吉田 所長

2013年7月10日閲覧。 家族が不信を持ち始めた出来事というのは次の様な事でした。 大阪本社では「所長指示通らず原発退避」という見出しを検討したが、結局は東京本社と足並みをそろえた。 ) 運転員の訓練のためのシミュレーターはICを備えておらず、人員はICを操作した経験もなかった。 (2015年11月25日、東電から新潟県への回答) 2015年2月21日に新潟県の「原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」が福島第一原発1号機原子炉建屋4階を調査した際に撮影した非常用復水器=同委員会から東京電力に提供され、東電のウェブサイトに掲載された写真 午後6時18分、中央制御室でIC隔離弁の2A、3Aを開く操作。 産経と同じように、感情にばかり注目し、「不安」「絶望」という言葉を多用している。 それからこれは真偽の確かめようのない事で、あくまで疑いとしか言いようのない話なのですが、しかし単なる誤解としては片づけ難い次のような出来事があったので申し述べておきます。

次の

【大前研一のニュース時評】吉田所長の死 原発事故の影響は… (1/2ページ)

東電 吉田 所長

「死の淵を見た男」• テレビや雑誌などが伝えるイメージに違和感を抱く者が多いという事でもあります。 (中略)ICが止まってしまっているとすれば、すぐ空焚きになって、炉心の核燃料が溶けてしまいます。 2014年8月23日. 事故調の聴取に吉田所長は『重要な情報を把握できず大きな失敗だった』などと話しているという」 10月18日、ICの復水器タンクの水位を現場で調べたところ、冷却水の大部分は消費されることなく残っていることが判明。 の2011年12月2日時点におけるアーカイブ。 そのようにして亡くなくなった場合には、億単位の多額の口止料が支払われており、口外すると没収されてしまうため、家族も一切口をつぐんでいるようだ。 9月11日になって朝日新聞は木村伊量(ただかず)社長が会見を開き、誤報を認めて記事の取り消しを表明。

次の

「東電社員、事故原発から逃亡」? 吉田調書、朝日報道への疑問

東電 吉田 所長

(東電事故調) 午後3時17分、3A弁を開(=ICのA系を起動)。 社長会見で聞かれたらそれは否定するよ」と発言していた。 朝日、産経の批判合戦 「東電社員は逃げたか?」 この報道で、興味深い点がある。 (同上) 免震重要棟の発電班の副班長は「津波到達前に当直長から『ICを使って1号機の原子炉圧力の調整をしている』と聞いてICが作動していると認識したまま、電源喪失になっ」た。 (2015年11月25日、東電から新潟県への回答) 本店は、情報が錯綜していたことに加え、ICの動作状況について明確な報告がなかったため、ICの動作状況を認識できなかった。 一方、勝俣恒久会長(当時)は13日夜、水素爆発の懸念を巡り「それは確率的には非常に少ないと思うよ」「国民を騒がせるのがいいかどうかの判断だけど。

次の

【大前研一のニュース時評】吉田所長の死 原発事故の影響は… (1/2ページ)

東電 吉田 所長

吉田所長はこれを聞いて、ICが動作していないかもしれないと考えた。 (吉田所長) 8月17日、毎日新聞が政府事故調の調べの内容を特ダネ報道。 58歳だった。 「残念ながら重要な時期に(現場拠点の)免震棟を去らざるを得ない。 (昭和36年)に大阪市立金甌小学校(現:)に入学する。 。 、を経て、にを卒業。

次の

【吉田調書】「あのおっさんに発言する権利があるんですか」 吉田所長、菅元首相に強い憤り(1/3ページ)

東電 吉田 所長

」(保安院保安調査) 午後4時36分、原子力災害対策特別措置法第15条1項の対象となる「全給水喪失」が発生したとして当直から運転管理部長あて報告。 (2015年11月25日、東電から新潟県への回答) ICを午後6時25分に完全に停止させたという最重要の事実については、発電班に報告されたことを示す記録がなく、吉田所長や本店には報告されなかったようだ。 どんどん水位が下がっていっている。 安倍政権発足以来、数カ月に一度、情報操作を目的にしたリークめいた騒ぎが起きる。 なお、中央制御室でも蒸気発生音は確認できた。

次の

本当に救国の英雄だったのか? 東電・吉田昌郎元所長を「総括」する(黒木 亮)

東電 吉田 所長

礼儀正しく、自然体で会話が始まった。 東電が残していた録画を、事故調メンバーが視聴し書き取った一部だ。 「原子炉水位の監視ができないことから注水状況が分からないため、念のために原災法15条に該当すると判断しました」。 確かに吉田氏、東電の行動に評価するべき点はあるが、この態度はおかしい。 同校OBにはiPS細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥氏がおり、吉田氏の同学年には村上世彰氏の兄の村上世博氏(元三菱商事勤務)がいた。 -- しかし 常識で考えて原発事故後、作業員で行方不明になっている方々が多数いらっしゃる事が事実であり、自衛官の乗った車両が到着した途端にその横で水素爆発した、という事実もあるわけだから、当然多数の被曝者、急性白血病などの死者が発生しているはずであって、ないはずがない。 あの計画停電でも同様なことがありました。

次の

吉田所長の死因は、被爆なんですか??

東電 吉田 所長

ゲンダイネット2013年7月10日• 以下の事実が判明しました。 何故3カ月という期間が空けられたのか。 「日本が動き始めた」だって? そうですね。 吉田はこのとき東電本店とは別に官邸が現場にくちばしを挟むことを「指揮命令系統がいったいどうなっているのだろう」とも思った。 圧力容器などが海水の塩分で腐食し、になるのを恐れたとみられる。 「大企業など大口の電力需要者に節電を呼びかけ、医療機関や在宅患者への電力を融通してほしい」。

次の

特集/国会事故調報告書から 官邸の顔色うかがう東電本店 いらつく吉田所長「もう分かって」

東電 吉田 所長

(Operator training for Unit 1 was performed on a Unit 3 reference simulator, which did not include IC systems, and therefore did not correspond to Unit 1; only a limited scope compact simulator and plant analyser was available for Unit 1. 本社にて迅速に現場状況を把握する目的で同システム自体は常時稼働させており、いわば生中継システムとして機能していた。 午後10時30分過ぎ、東電本店の記者会見で「水位は確認されています」と明らかにした。 裏付け取材もなされていない」として、後に記事を取り消した朝日新聞の対応は妥当だったと結論付けた。 何度でも読み返さなければならない本だと思います。 同年のに関し、副社長、常務らとともに役員として1か月5パーセントの減給措置となる。 政府報告書では吉田氏は「退避を指示」と明確に書いている(最終報告220ページ)。

次の