護衛艦 しま かぜ。 しまかぜ (護衛艦)とは

ゆきかぜ (護衛艦)

護衛艦 しま かぜ

まず、戦後初めて日本で造られた4つの護衛艦の一つであったのですが、3番目に起工して2番目に進水し、4番目に竣工しました。 11 - 2000. 本艦のほかや魚雷艇10号も出演した。 26 - 2010. 13 mod. 1 - 1995. 艦首には日章旗(日の丸) 艦尾には旭日旗。 艦番号一覧表 艦番号 艦名 型名 艦艇記号 91 「はしだて」型 特務艇(ASY) 101 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 102 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 103 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 104 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 105 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 106 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 107 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 108 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 109 「むらさめ」型 護衛艦(DD) 110 「たかなみ」型 護衛艦(DD) 111 「たかなみ」型 護衛艦(DD) 112 「たかなみ」型 護衛艦(DD) 113 「たかなみ」型 護衛艦(DD) 114 「たかなみ」型 護衛艦(DD) 115 「あきづき」型 護衛艦(DD) 116 「あきづき」型 護衛艦(DD) 117 「あきづき」型 護衛艦(DD) 118 「あきづき」型 護衛艦(DD) 119 「あさひ」型 護衛艦(DD) 120 「しらぬい」型 護衛艦(DD) 130 「はつゆき」型 護衛艦(DD) 132 「はつゆき」型 護衛艦(DD) 151 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 152 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 153 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 154 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 155 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 156 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 157 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 158 「あさぎり」型 護衛艦(DD) 171 「はたかぜ」型 護衛艦(DDG) 172 「はたかぜ」型 護衛艦(DDG) 173 「こんごう」型 護衛艦(DDG) 174 「こんごう」型 護衛艦(DDG) 175 「こんごう」型 護衛艦(DDG) 176 「こんごう」型 護衛艦(DDG) 177 「あたご」型 護衛艦(DDG) 178 「あたご」型 護衛艦(DDG) 181 「ひゅうが」型 護衛艦(DDH) 182 「ひゅうが」型 護衛艦(DDH) 183 「いずも」型 護衛艦(DDH) 184 「いずも」型 護衛艦(DDH) 229 「あぶくま」型 護衛艦(DE) 230 「あぶくま」型 護衛艦(DE) 231 「あぶくま」型 護衛艦(DE) 232 「あぶくま」型 護衛艦(DE) 233 「あぶくま」型 護衛艦(DE) 234 「あぶくま」型 護衛艦(DE) 304 「あわじ」型 掃海艦(MSO) 305 「あわじ」型 掃海艦(MSO) 403 「ちはや」型 潜水艦救難艦(ASR) 404 「ちよだ」型 潜水艦救難艦(ASR) 422 「とわだ」型 補給艦(AOE) 423 「とわだ」型 補給艦(AOE) 424 「とわだ」型 補給艦(AOE) 425 「ましゅう」型 補給艦(AOE) 426 「ましゅう」型 補給艦(AOE) 463 「うらが」型 掃海母艦(MST) 464 「うらが」型 掃海母艦(MST) 483 「むろと」型 敷設艦(ARC) 501 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 502 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 503 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 504 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 505 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 506 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 507 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 508 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 509 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 510 「そうりゅう」型 潜水艦(SS) 592 「おやしお」型 潜水艦(SS) 593 「おやしお」型 潜水艦(SS) 594 「おやしお」型 潜水艦(SS) 595 「おやしお」型 潜水艦(SS) 596 「おやしお」型 潜水艦(SS) 597 「おやしお」型 潜水艦(SS) 598 「おやしお」型 潜水艦(SS) 599 「おやしお」型 潜水艦(SS) 600 「おやしお」型 潜水艦(SS) 601 「ひらしま」型 掃海艇(MSC) 602 「ひらしま」型 掃海艇(MSC) 603 「ひらしま」型 掃海艇(MSC) 604 「えのしま」型 掃海艇(MSC) 605 「えのしま」型 掃海艇(MSC) 606 「えのしま」型 掃海艇(MSC) 681 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 682 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 683 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 684 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 685 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 686 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 687 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 688 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 689 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 690 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 691 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 692 「すがしま」型 掃海艇(MSC) 731 「いえしま」型 掃海管制艇(MCL) 732 「いえしま」型 掃海管制艇(MCL) 824 「はやぶさ」型 ミサイル艇(PG) 825 「はやぶさ」型 ミサイル艇(PG) 826 「はやぶさ」型 ミサイル艇(PG) 827 「はやぶさ」型 ミサイル艇(PG) 828 「はやぶさ」型 ミサイル艇(PG) 829 「はやぶさ」型 ミサイル艇(PG) 2001 「1号」型 輸送艇(LCU) 2002 「1号」型 輸送艇(LCU) 2101 「1号」型 エアクッション艇(LCAC) 2102 「1号」型 エアクッション艇(LCAC) 2103 「1号」型 エアクッション艇(LCAC) 2104 「1号」型 エアクッション艇(LCAC) 2105 「1号」型 エアクッション艇(LCAC) 2106 「1号」型 エアクッション艇(LCAC) 3508 「かしま」型 練習艦(TV) 3513 「しまゆき」型 練習艦(TV) 3518 「しまゆき」型 練習艦(TV) 3519 「しまゆき」型 練習艦(TV) 3608 「おやしお」型 練習潜水艦(TSS) 3609 「おやしお」型 練習潜水艦(TSS) 4001 「おおすみ」型 輸送艦(LST) 4002 「おおすみ」型 輸送艦(LST) 4003 「おおすみ」型 輸送艦(LST) 4202 「くろべ」型 訓練支援艦(ATS) 4203 「てんりゅう」型 訓練支援艦(ATS) 4301 「ひうち」型 多用途支援艦(AMS) 4302 「ひうち」型 多用途支援艦(AMS) 4303 「ひうち」型 多用途支援艦(AMS) 4304 「ひうち」型 多用途支援艦(AMS) 4305 「ひうち」型 多用途支援艦(AMS) 5003 「しらせ」型 砕氷艦(AGB) 5104 「ふたみ」型 海洋観測艦(AGS) 5105 「にちなん」型 海洋観測艦(AGS) 5106 「しょうなん」型 海洋観測艦(AGS) 5201 「ひびき」型 音響測定艦(AOS) 5202 「ひびき」型 音響測定艦(AOS) 6102 「あすか」型 試験艦(ASE). 10 - 1999. 2013年2月1日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 19 防大24期 司令部幕僚 開発隊群司令部付 15 隈部秀彦 2010. 23 - 1989. 1 1等海佐昇任 11 舩渡 健 2003. これは、この時点での対日リリースの公算が高まったことから、あえて8艦8機体制に必要なDDGの所要数を完全には充足させず、将来ののための建造余席を確保するための措置であった。 【TIPS】 ()• またこのような艦型の拡大に加えて、凌波性を更に向上させるため、前甲板には強いシアが付された。 としてはを前部甲板室上と後甲板上に1基ずつ搭載、砲射撃指揮装置(GFCS)としては艦橋構造物上にを搭載した。

次の

ECナビ

護衛艦 しま かぜ

またVLSは発射ユニットが規格化されているため、艦隊防空ミサイルや対潜水艦ミサイルを混載することが可能というメリットもあります。 20 - 2005. からの間、護衛艦「」、「」とともに米国派遣訓練に参加。 護衛艦「しまかぜ」に搭乗する隊員さんがいうには、自衛隊や艦艇などのファンの方と、艦隊これくしょんのファンの方で見学会は毎度大盛況なのだそうです。 就役後も2番艦という事もあり海自の主軸でありながら2番手に甘んじています。 、護衛隊改編に伴い、第1護衛隊に編入。 29 防大23期 指揮通信開発隊副長 かしま艦長 1等海佐 15 椋木泰樹 2005. (昭和48年)、第12護衛隊が廃止となり、実用実験隊に編入。

次の

第4護衛隊群

護衛艦 しま かぜ

【マンスリー任務リンク()】 【クォータリー任務リンク()】 【戦果任務】. 4 m 吃水 4. 「海上自衛隊全艦艇史」『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、。 、護衛艦「はるな」、「」、「みねゆき」、「」、「」、「」、「」、補給艦「」、潜水艦「」とともに、方面に派遣され、からまで、(リムパック90)に参加した。 から米国に派遣され、からの間、護衛艦および 8機とともに海上自衛隊として初となる(リムパック80)に参加。 レーダーで誘導するタイプのミサイル等からの防御に用います。 護衛艦時代の「はたかぜ」にて 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 建造費 619億8000万円 母港 所属 第1練習隊 艦歴 発注 起工 進水 就役 (練習艦に種別変更) 要目 4,600 5,900トン 150m 最大幅 16. 1 - 2013. 15 - 1998. 装備 [ ] 本型の武器システムは、基本的にのものを踏襲している。

次の

護衛艦はたかぜ型 画像集

護衛艦 しま かぜ

さて護衛艦「しまかぜ」は、現在各種訓練等に従事しております。 5周)に及ぶ。 、第62護衛隊に編入され、定係港がへ転籍。 2隻しかないのですが、横須賀や佐世保で割と頻繁に姿を見ることができます。 海上自衛隊の護衛艦が搭載する各種装備も同様であり、冷戦時代に作られたものは姿を消しつつあります。 からは「」が参加し、訓練、対水上訓練射撃等を実施した。

次の

はたかぜ (護衛艦)

護衛艦 しま かぜ

本艦は米空母(ブルー機動部隊)の構成艦となり、演習中4回の艦対空交戦をすべて成功させたほか、仮設敵である空母の航空攻撃により大破した「コンステレーション」への再攻撃を企図して接近してきた米原潜と接敵、これを「撃破」したことにより、本演習における最優秀艦として高く評価された。 15 - 2012. 1 - 2001. 19 防大21期 横須賀地方総監部管理部人事課長 司令部 1等海佐 14 佐々木俊也 2003. このために(CIC)や関連機器室、空調設備はたちかぜ型と比して大幅に拡張する必要があったが、はつゆき型以来標準となったCIC船体内配置化によって、十分な容積を確保した。 1 1等海佐昇任 5 柴田哲治 1995. 29 防大29期 司令部付 大湊海上訓練指導隊司令 1等海佐 23 下野善彦 2015. 艦歴 [ ] 「ゆきかぜ」は、昭和28年度甲型警備艦1602号艦として、で(昭和29年)12月17日に起工され、(昭和30年)8月20日に進水、(昭和31年)7月31日に就役し、に編入された。 28 ・ 29期幹候 総務科長 艦艇開発隊 2005. 30 - 2014. の当初計画では、各護衛隊群の8艦8機体制化のため、DDG 4隻の建造が検討されており、これらは船体前部にターター・システムを装備するとともに主機をガスタービン化した新型艦とすることになった。 19 防大12期 人事教育部 教育課教範班長 教官 兼 研究部員 1990. ブラックホーク製のホルスター。 NHK NEWS WEB 2020年3月19日. 1 1等海佐昇任 12 久光 哲 1982年1月25日 - 1983年1月19日 防大3期 運用開発隊開発第2科長 第23護衛隊司令 1983. 3月30日午後8時半ごろ、のの西約650キロの東シナ海の公海で警戒監視のため航行中に籍の漁船と衝突した。 、第3護衛隊群隷下に第63護衛隊が新編され、同日付で就役した「」とともに編入された。

次の

Wikizero

護衛艦 しま かぜ

2008年12月1日, at the. からの間、ターター装置装備認定試験 SQT のため、米国に派遣。 『』 「はたかぜ」と艦名不明の同型艦1隻が登場。 しかしこのような経緯のために工期は大きく遅れ、起工は当初予定の1961年10月に対して1962年11月、就役は1963年8月に対して2月15日となった。 1 1等海佐昇任 12 一ノ瀬洋一郎 2005. 拳銃を入れる装備です。 わかる人はわかりますよね… ブリッジ(艦橋)の前には アスロックランチャー。 【各海域紹介リンク(二期)】 EO海域と鎮守府海域・5-2から先は個別記事のほうが充実しています。 2 - 2002. また電子機器の冷却が主眼だったとはいえ、海自初の全艦空調方式が採用されたことで、居住性・作業性は一層向上した。

次の

海自唯一になった非イージス対空護衛艦「しまかぜ」の未来は 昔ながらの旋回式発射機

護衛艦 しま かぜ

短魚雷発射管 アスロックのようにミサイルではなく、魚雷そのものを筒から打ち出す魚雷発射管。 『』 「はたかぜ」が登場。 また顕著なナックルを有するのも同様である。 10 防大17期 管理部人事課長 1等海佐 8 山崎正雄 1999. この「しまかぜ」、海自の現役護衛艦のなかでも、いまや唯一の「非イージス防空ミサイル護衛艦」という、実は貴重な存在です。 14 防大9期 防衛部 第3幕僚室長 舞鶴地方総監部監察官 4 新海博夫 1992. 海上自衛隊ではこの迎撃用ミサイルとして、主にRIM-7シースパローミサイル・短SAMを使用しています。

次の

しまかぜ (護衛艦)

護衛艦 しま かぜ

63射撃指揮装置が撤去された。 28 - 2008. 1933年に開発されて以来いまだに現役の機関銃が据付けられます。 参考文献 [編集 ]• こちらも防御用の 「CIWS(シウス)」です。 2019年12月27日. 14 7期 護衛艦隊司令部幕僚 艦長 2017. 2013年2月1日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 そんなゆきかぜにも見せ場がめぐって来ます。 またシアは少ないものとされている一方で、護衛艦としては珍しくブルワークを設けている。 排水量4650トン(満載排水量5950トン) 全長150m 全幅16. 平成24年、25年、27年、28年度予算で延べ4隻分の艦齢延伸のための先行的部品調達予算が、平成26年度予算で1隻分、平成29年度予算で1隻分の改修予算が計上された。

次の