世界 は ハッピー エンド で でき て いる。 世界はハッピーエンドでできている【フルカラー・電子書籍版限定特典付】

世界はハッピーエンドでできている【フルカラー・電子書籍版限定特典付】

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

それなのにちゃんと元の話のイメージがあるのが面白い。 なるほど、それがこの作品の面白さの骨組みを支えているのかと納得。 その中のセリフで「私が愛するのはキャラクターの精神性とキャラ同士の関係性、あとは好み…」と簡潔に明かしています。 つまり、代わりに不幸になる誰かを犠牲にして。 ギャグかと思って読み始めましたが、人生はめでたしめでたしの先も続いていくというのをしんみり感じるいい話でした。 もちろん、これ自体は同人作家なら共通の認識でしょうが、作中の登場人物が自身の行動原理を分かりやすく説明するのは稀有です。

次の

世界はハッピーエンドでできている【フルカラー・電子書籍版限定特典付】

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

気に入っていただけて嬉しいです。 しかしこれを突き崩したのが時の帝。 道理で「あの話」だけすごくリアルだった訳です。 性癖の吐露はそれ自体自爆なのできつかったのでしょう。 無料話公開キャンペーン開催!! 昔話はもともとは炉辺の余暇だったり、表立って口にできないうわさ話であったり、夜の闇に紛れて話したものを子供を寝かしつけるために徐々に作り替えていったものを所収して固定化したものが始まりです。

次の

世界はハッピーエンドでできている【フルカラー・電子書籍版限定特典付】

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

心を熱くするたくさんの名言が、ちゃんと「楽しい」テンポでスッと入ってきます。 2016. ただ、読者としては一番の作品です。 改めて誰も不幸にならない西遊記での再登場をお待ちください。 最後に。 竹取物語の改変作品ではヒロインのかぐや姫は薄い本に燃える同人作家。 この設定と伏線を6巻で納めるのは大変だったと思いますが、まさか始まりが「そこ」だったとは。

次の

世界はハッピーエンドでできている

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

コメントのお返し> ・犬が… >幸せにするのを失念しておりました…。 ただ、作者自身が一番目立つところで堂々とネタバレしておりますので(後で気づいた)、どうぞあまり「こうしなきゃ!」と思われずご自由にコメントいただければと思います。 最終巻に向かうにつれて、ちょっと本筋からの逸脱 というか、オマージュやパスティーシュではなく、オリジナル路線が強めになってくると言うべきか が多めなのは「創作」を行う上では必然なのでしょう。 もちろん電子版特典のイラストも素敵ですが 何はともあれ、作者様の今後の活躍も楽しみにしております。 物語のハッピーエンドは、悪は倒されるという教訓と、自分が不幸から脱出することで成り立つのかもしれません。

次の

世界はハッピーエンドでできている

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

>匿名さん(1月28日) ご指摘ありがとうございます。 とてもポジティブで愛のある、幸福な人生を問う哲学です。 共通の趣味というより常識と戦う同士とかした二人はひたすらBLオタ談義にはまっていく。 そしてそれがそのまま作者の頭の中というのも珍しい。 特に、夢を追う喜びや挫折を経験した方には、あたたかく響くのではないでしょうか!正義とは、夢とは、美しさとは、働くとは。 あっちとこっちがつながって、てことはあの話のこの部分が報われてここに繋がって…!!一つ一つの話でも完結していますが、全体通しての『ハッピーエンド』が楽しみです。 物語の改変の限界がどこにあるのか考えこまされる。

次の

世界はハッピーエンドでできている (1) (MFC comicoシリーズ)

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

ただ、そのせいでしょうか、気恥ずかしいのかこのかぐや姫編はこの巻の中では短めです。 最終6巻は情報過多で混乱しつつ読む場面もありましたが、最後の年表を見て腑に落ちました。 それは本当に「ハッピーエンド」なのか?自分が不幸でないことが、すなわち幸福か?犠牲となるものへの感受性を鈍らせても?そんな、目を背けたい問いかけを、この作品はやわらかな笑いに包んでぶつけてくれていると思います。 個人的には赤鬼さんの幸せな話 泣いた赤鬼、とか?? が読めなかったのが残念ですが…。 アニメイトオンラインにてWEBサイン会(抽選)開催決定!! 書籍をご購入いただくには再度の予約が必要となりますのでご注意ください。 読んでくださってのお気づきいただけるの、とてもありがたいです。

次の

世界はハッピーエンドでできている【フルカラー・電子書籍版限定特典付】

世界 は ハッピー エンド で でき て いる

憧れやドキドキワクワク、切なさや悲しみや涙。 是非後ろの方まで読んでほしい!!ギャグの短編モノかと思って読んでいくと、途中で「オヤ?」と引っかかる。 。 紙書籍発売記念!! 元の片りんは登場人物の名前と属性だけと言っても良い。 しかも、ご親切なことになんと作中にその答えがネタとして挙げられている。 当時は気づかなかった主人公や脇役たちのそれぞれの立ち位置が当然ある訳ですが、このお話はとても優しい世界で心が温かくなりました!もちろんただそれだけではなく、ハッとさせれる部分や少しの悲哀、静かにジワリと胸に迫る感動も有り・・・所々で泣きました。

次の