行政 書士 科目。 【行政書士試験】一般知識の科目と出題傾向を分析してみた

行政書士試験の試験科目と対策 総まとめ【2020年】

行政 書士 科目

一般知識の過去問は本試験で役に立ちません。 同センターは指定試験機関として、試験制度についての調査研究と年一回の試験を実施しています。 商法総則では、商人の種類や商業登記制度について記載されていました。 そのため商法・会社法を捨てて試験に臨む人もいますが、正直完全に捨てるのはお勧めしません。 まずは配点の大きな民法と行政法を中心に点数を取れるよう学習を進めましょう。 申込みと承諾、2つの意思表示が合致すれば契約成立、契約書を作成しなくても売[…]• 勉強を進める上では、テキストは軽く読む程度にして過去問演習の中で出題傾向をつかむようにすれば対策は十分と言えます。

次の

行政書士試験の一般知識:科目の全体像・難易度・試験対策について

行政 書士 科目

またしばしばニュースなどでも取り上げられるので、勉強しやすいのが特徴です。 行政書士試験の中でも難易度が高く、毎年多くの受験生が悩む科目です。 広範囲なため範囲を絞るのが難しいですが、テキスト・問題集の基本問題に的を絞るとよいでしょう。 他の科目の知識で対応できることも多く、あまり時間をかける必要はありません。 高校の政治経済のテキストを使用している方も多いです。 この行政法では、「行政法の一般的な法理論」、「行政手続法」、「行政不服審査法」、「行政事件訴訟法」、「国家賠償法」、「地方自治法」からの出題が中心となります。

次の

行政書士の試験科目から見えてくるもの

行政 書士 科目

多肢選択式-多肢選択式とはたくさんの肢から正解を選ぶ問題。 というのも、この分野では幅広い知識が求められるので知識の貯金がある方に圧倒的に有利です。 行政法 上記では行政法と表記されていますが、実は行政法という法律は存在しません。 過去の出題では、登場人物が複数人の事例を扱った問題もありました。 時間に余裕のある方はぜひ(一応国家資格です!) 文章理解 読めば分かる! 大学入試の現代文のような問題が3問出題されます。 また過去問だけやっていれば点が取れるという科目ではない点も注意してください。 この分野は、出題が法令からの出題となりますので、法律さえ勉強しておけば容易に解ける問題です。

次の

行政書士の試験科目から見えてくるもの

行政 書士 科目

・小説ではなく論文が題材。 そのような問題は、暗記だけで対応できることはできません。 過去問のデータが乏しいのも商法・会社法の難点です。 『法令科目』徹底解説! 法令科目対策 行政書士試験の本丸は何といっても,法令科目です。 繰り返し使われる語句には同じ記号(ア〜エ)を当てはめてくれているので,それがヒントになります。 法律問題は、実務において行政書士が頻繁に扱う法律の問題が増えていますが、一般知識問題では政治・経済等の知識よりも、情報通信や個人情報保護等についての問題が増加しました。

次の

人気の行政書士試験、どんな科目が出題される?法令・一般知識科目の解説と対策を紹介

行政 書士 科目

一般知識で6問以上(24点以上)正解できないと問答無用で不合格になります。 「この知識がどう役に立つの?」と疑問に思い、ここで嫌になってしまう受験生も少なくありません。 学習した後、身近な例に当てはめて理解を深めましょう。 1 憲法の過去問 行政書士試験の憲法は過去問で問われたことが何度も出題されることはないため、あくまでも 試験の難易度を把握するために使います。 また行政書士資格を有する税理士などに支払った税理士報酬は源泉所得税の徴収対象となります(所得税法第204条第1項2号 所得税法施行令第320条第2項ほか、国税庁ホームページ「質疑応答事例-法定調書目次一覧-行政書士に報酬を支払った場合も合わせてご参照ください)。 行政書士の業務に関連する 一般知識等(出題数14題) 政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解 上記のとおり、行政書士試験の科目は、法令科目と一般知識とに分かれています。

次の

【行政書士試験】一般知識の科目と出題傾向を分析してみた

行政 書士 科目

また、180点以上であっても一般知識科目で基準点(14問中6問以上)に達しなければ不合格になってしまうので注意が必要です。 一般知識科目および法令科目の出題傾向と配点については、以下の記事も参考にしてください。 科目ごとの難易度比較 行政書士試験の中で難易度が高い科目は、一般的に「基礎法学」「民法」「商法・会社法」となります。 法学の基本的な知識が問われます。 行政書士の仕事柄、許認可申請などの文章を作成する機会が多くなりますので、文章理解科目ついては、しっかり解答できるように学習しておかなければならないのです。

次の

【行政書士は過去問だけじゃ受からねぇ】科目別で解説する過去問使い方

行政 書士 科目

就職活動の意識を高めたい方にはベストです。 そのため条文も丁寧に読み込んでおくと良いでしょう。 特に統治分野で細かい数字のひっかけ問題などは過去問を通じて慣れておくようにしましょう。 たとえば、去年の試験問題とこれまでの過去問を照らし合わせると過去問だけの知識では 半分も得点できないことがわかります。 行政法とは、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法の総称です。 行政法と民法から、それぞれ行政法1問、民法2問が出題されます。

次の