ブルズ 対 レイカーズ。 1994

ブレイク・グリフィン「レイカーズは危険なチーム」

ブルズ 対 レイカーズ

接戦となった第1戦は、第4Qに79-78とジャズが僅か1点のリードを守っていたが、ピッペンがジャズのアントワン・カーのジャンプショットをブロックすると、自らのアシストから3Pシュートを決め、ブルズが逆転を果たす。 、(時代のチームメイトでの一員)率いるは、シーズン中ののヘッドコーチ就任後にチーム成績が上向き、9シーズンぶりにプレーオフに復帰した。 オラジュワンはこの日も35得点15リバウンドを記録し、ファイナルを通して全試合で30得点以上を記録した数少ない選手の一人となり、シリーズ平均32. 私は昨年のセルティックスのような補強ができるほどの若手がそろっていると思うのですが、ゴードンとデンはなんとしてでもチームに残したいところです。 プレーオフに入り、ジャズは1回戦とカンファレンス準決勝(マローンは第4戦でフリースロー18本全てを決め、当時のプレーオフ新記録を樹立)を問題なく勝ち抜き、カンファレンス決勝でと対決。 もっとも今回の場合は不名誉な主役であり、彼はこの試合簡単なレイアップを次々と外しており、この試合はアンダーソンの大失敗ショーとして記憶されることになった。 詳しく書かれていました。

次の

NBA史上最強だったブルズ、1995

ブルズ 対 レイカーズ

来年のブルズは再び強豪と呼べるチームでしょうか?? 5秒、クライド・ドレクスラーのドライブからのレイアップはリムに弾かれたが、アキーム・オラジュワンが見事にフォローし、ティップショットを捻じ込んで120-118でロケッツがオーバータイムまでもつれた初戦を制した。 「 Just remember, The mail man doesn't deliver on Sundays, Karl. , フェニックス・サンズ• 695 7 40 42. 棒立ちのジョーダンの側でマローンとストックトンがブルズに襲い掛かり、一時ジャズは16点のリードを奪った。 (1985-97)- 得点力に優れたとして活躍し、時代はと強力なデュオを形成した。 2013年12月12日、この試合でジョーダンが履いていたシューズが競売で10万4765ドル(約1085万円)で落札された。 F - ,• それでも熱いライバル関係を築く事は可能と言えば可能です。 A・アイバーソン、S・アブドゥル=ラヒーム、S・マーブリー、R・アレン、A・ウォーカー、K・ブライアント、P・ストヤコビッチ、S・ナッシュ、J・オニール、Z・イルガウスカスの10人がオールスターに選出されている。 移籍後は怪我からの立ち直りを見せたが、2位指名や高給に見合うだけの活躍をすることなく引退した。

次の

1994

ブルズ 対 レイカーズ

#3はトップによる• おそらくレイカーズファンからすれば、今季は負けてオーケーだから、来年のドラフトの目玉であるシモンズを取ってくれって感じだろうな。 」 シンキ「シモンズはそんなすごいんですか。 先日はゲームの日程を間違えてしまい失礼しました。 コーナー(#1)にパス• バスケの神ジョーダンを始め、オールスターのピッペン、リバウンド王ロッドマンなどスーパスターを擁し史上最強と言われた伝説のチームでしたが、あのチームが結成されてから既に20年の月日が流れようとしています、、、 恐らく当時のNBAファンは今頃風鈴の音をバックに縁側で、 「あの頃のブルズは良かったのぉ、、、今あのメンバー達は皆どうしとるんじゃろうか、、、」 と回想にひたりながらお茶をすする事無くクーラーがガンガン効いた部屋で生ビールを「プハーッ!美味いプゥ〜!!!」していると思うので、今回の記事ではあの72勝メンバーの現在を追ってみようと思います。 リーグはオラジュワンを始め1980年代中盤にNBA入りしたいわゆるジョーダン世代と呼ばれる選手たち全盛の時代だったが、90年代にNBA入りしたシャックとハーダウェイのマジックは新世代の旗手と言うべき存在だった。 以後、ウォリアーズは12シーズン連続でプレーオフ進出を逃す長期低迷期に突入する。

次の

【今日は何の日?】6月16日: ウォリアーズが40年ぶりの優勝(2015年)

ブルズ 対 レイカーズ

しかしシャックも、シーズン72勝を果たした無敵王者ブルズがかつて言われた、 「ブルズにはスーパーマン(ジョーダン)、バットマン(ピッペン)、そしてロッドマンがいる。 4秒から6点差を覆す大逆転劇をやってのけたペイサーズは、4勝3敗でこのシリーズを制し、カンファレンス決勝に進出した。 なお、ヘッドコーチのはこのシーズン中にの持つコーチ最多勝記録を更新した。 ジョーダンのパスからピッペンが派手なワンハンド・ダンクを決めるなど、ブルズが12連続得点を記録する猛攻を見せ、一気にジャズを引き離した。 744 - 57 25. 自分のバスケは研究されていたし、その穴を埋めなければならなかった。

次の

NBAプレイオフ1回戦(ジャズ対レイカーズ): Basketball Diary

ブルズ 対 レイカーズ

NBA All-Defensive Second Team:• 卒業後はジャパンエナジーに入社。 より有能なディフェンダーはどっち?:MJ(59%)、レブロン(41%) 16. 期待したい。 若手がどれだけ伸びるかにもよるが、ボクが見たところだと、フランチャイズを担える選手はいまのところいないね。 , ロサンゼルス・レイカーズ• 最近ようやく調子が上向いてきたロケッツですが、今日はホームでのレイカーズ戦になります。 そしてジョーダンは代理人を通して「I'm Back」という短い言葉と共に現役復帰を正式表明。 一時点差は20点以上まで開き、必死で巻き返しを試みるブルズはピッペンがファイナル・タイ記録となる7本の3Pシュートを決め、ジョーダンは起死回生を狙って豪快なアリウープ・ダンクを決めるも、ブルズの活躍は全て客席から地鳴りのように鳴り響くブーイングの嵐によって掻き消された。

次の

ブレイク・グリフィン「レイカーズは危険なチーム」

ブルズ 対 レイカーズ

GB 57 25. ハイポスト(#4)にパス 狙う優先順位もこの順番です。 ロケッツは今日勝つと5割復帰だから当然期待したいね。 しかし彼らは頑丈だった。 ローポスト(#5)にパス• レイカーズはロールプレイヤーも優れていた」 当時のレイカーズはオニールとコービーの強力デュオ以外にも、デレック・フィッシャー、リック・フォックス、ロバート・オリーら職人肌の選手が揃い、総合力ではブルズを上回っていたという。 4-19-09"(2009年4月19日、旅立ち) 背中には"Destination... ジョーダンとピッペン、ストックトンとマローンは4人ともこのシーズンのオールスターで発表されたに選ばれており、当時リーグ最高峰のデュオ同士の対決としても注目を集め、またジャズのスローンHCにとっては現役時代の大半とコーチキャリアの初期を過ごした古巣との対決となった。 All-NBA Rookie First Team:• その隙に衰えたとはいえ、さすがにコービーが見逃すはずはなく、スリー2本を含む11得点を稼ぎ出し、レイカーズの13-0のランを演出したよ(51-42 しかし終盤に持ち直したロケッツが17点リードで前半を終えたんだ(63-46 」 シンキ「久しぶりに点差を付けて勝利出来そうですが、ちょっと余裕を持ちすぎちゃいましたかね。 ブルズもジョーダンのジャンプショットで73-69とするが、さらなるリードを狙ったジョーダンのシュートをストックトンが見事にスティールし、そのままコートを走りぬけ、ジョーダンからファウルを引き出すなどして、計4本のフリースローを獲得、うち3本を決めた。

次の

今季第24戦 対レイカーズ: キャットのロケッツ通信

ブルズ 対 レイカーズ

第2戦 [ ] 第1戦の接戦を制したロケッツは波に乗って第2戦も117-106で勝利し、ロード2連戦を連勝で終えた。 。 ブルズはジョーダンが38得点13リバウンド9アシストと大活躍し、またロッドマンが3Pシュートを決めるという珍しい場面も見られた。 ロサンゼルス・レイカーズとロサンゼルス・クリッパーズは、どちらもロサンゼルスをホームとするNBAチームだ。 まぁ結論は、 どっちも鬼強いです。 シーズン終了後にWNBAのフェニックス・マーキュリーのトライアウトに合格して、08年5月には日本人2人目となるWNBAプレーヤーとして開幕ロスター入りを果たし、シーズンを通じて23試合に出場した。 549 16 44 38. 自分たちで何とかしなくてはいけない。

次の