藤沢 ハザード マップ 洪水。 取手市/取手市洪水ハザードマップ

鎌倉市/鎌倉市洪水ハザードマップ

藤沢 ハザード マップ 洪水

河川が増水して堤防が決壊した時の浸水範囲や浸水深などの情報や、避難が必要になった場合の避難所情報などを表示しています。 ページ番号 C1001268 更新日 令和1年11月1日 茅ヶ崎市は、平成24年3月30日に県より示された震源の異なる12地震の津波浸水予測図のうち、本市に最も大きな被害をもたらすと考えられている、慶長型地震、元禄型関東地震と神縄・国府津-松田断層帯地震の連動地震、南関東地震の3地震の浸水予測図を基に、既存の津波ハザードマップ(平成20年3月作成)を改訂した、茅ヶ崎市津波ハザードマップを作成しました。 まっぷdeちがさきでも津波浸水想定区域をご確認できます。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 次の補足資料と併せて洪水ハザードマップをご覧ください。

次の

住所検索ハザードマップ

藤沢 ハザード マップ 洪水

洪水ハザードマップダウンロード 利根川洪水ハザードマップ 小貝川洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップ内の用語解説• 形態:マップ形式、両面カラー印刷、 A1サイズ、図面縮尺15,000分の1• この津波ハザードマップには、県の浸水予測図を基にして、藤沢市に到達する津波高が最も高く、浸水区域が最大となる慶長型地震、および第1波が到達するまでの時間が最も早く、規模の大きい南関東地震が発生した時に想定される浸水区域を示しました。 最新の津波浸水想定図について(平成27年3月作成) 平成27年3月に作成した最新の津波浸水想定図については、をご覧ください。 ふだん通っている道の洪水・内水の深さを確認して、「この道はここまで浸水するね」という《最低ライン》として見ていただくとよいでしょう。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 ・ マップをいつでも目につくような場所に貼るか保管しておきましょう。 ご自由にご活用ください。

次の

洪水浸水想定区域/前橋市

藤沢 ハザード マップ 洪水

なお、避難勧告等が発令されていなくても、危険を感じたら自主的に早めの避難をしましょう。 自治体から配布されたハザードマップやHP、携帯アプリ画面を開いて、実際に現場へ足を運び、目で見てみると、平面図で確認する以上のリアルな発見があります。 このマップを有効にご活用いただき、もしものときに備えてください。 次のとおり訂正いたします。 また、避難経路の距離の計測など色々な機能が活用できます。 生活していく上で、道路・公園・下水道などの公共施設は欠かせません。

次の

【藤沢市ハザードマップ】台風・災害に備えて確認!土砂災害・洪水ハザードマップと情報サイトまとめ

藤沢 ハザード マップ 洪水

地図情報公開システム「ぐるっと藤沢マップ」では、最新の津波浸水想定図をご覧いただけます。 その他:ハザードマップの作成にあたっては、市内全地区の自治会役員の会議などで寄せられた意見や提案を反映させています。 ふじさわ防災ナビ「津波避難情報」を利用することで、津波避難ビルや避難施設等が、住所や施設名の他、地図上の任意の場所から一定の範囲を指定する方法など、様々な方法で検索することができます。 津波ハザードマップとは、これら津波浸水予測図及び津波浸水想定図等を基に、浸水想定区域、津波避難路及び緊急避難場所等避難の参考となる情報を図面に記載したものです。 避難の際には、警察、防災関係機関等の避難誘導に従い安全かつ迅速に避難してください。 この見直した津波浸水予測図を基に、5つの地震を対象として「浸水域」と「浸水深」が最大となるよう重ね合わせた「津波浸水想定図」を設定・公表し、津波対策に取組んでいます。 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。

次の

洪水浸水想定区域図(想定最大規模)|藤沢市

藤沢 ハザード マップ 洪水

2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 この津波ハザードマップは、ご家庭や地域で話し合い、避難先や避難経路、周辺の危険箇所を記入し、作り上げていただくなど、みなさんの手に渡った時がスタートです。 津波避難情報は、「ぐるっと藤沢マップ」を活用したふじさわ防災ナビ電子防災マップ「津波避難情報」でもご覧いただけます。 A1判のハザードマップでは、市域を北部と南部に分け、北部版では主に土砂災害に関するハザード情報を、南部版では主に洪水・浸水害に関するハザード情報を掲載しています。 茅ヶ崎市津波ハザードマップ概要 構成 「津波ハザードマップ」(A2版・4色刷り) 津波により浸水すると予測される区域や市内の標高、避難場所等を示した 全市域のマップ 「津波ハンドブック」(A4版・16ページ・4色刷り) 避難先や避難ルート、家族の集合場所等を、家族で話し合い、 作り上げていく冊子 発行部数 120,000部 配布場所 市役所防災対策課で配布しています 作成経過 平成24年3月30日 県が新たな津波浸水予測図を公表 4月23日 津波ハザードマップおよび津波ハンドブック(素案)を作成 5月28日 津波ハザードマップおよび津波ハンドブック(案)を作成 5月中旬から下旬 市民説明会や出前講座を実施し意見を伺う 6月22日 市ホームページで公開 7月中旬以降 配布開始 茅ヶ崎市津波ハザードマップ(素案):説明会及び意見交換会概要について 全4回の市民説明会を実施し、多くの皆様からご意見をいただきました。

次の

茅ヶ崎市津波ハザードマップ|茅ヶ崎市

藤沢 ハザード マップ 洪水

洪水ハザードマップ記載内容(英語表記)の一部訂正 洪水ハザードマップの記載内容(英語表記)の一部にスペル誤りがありました。 鎌倉市洪水ハザードマップ(令和2年4月作成)【PDF版】• (注)洪水浸水想定につきましては、「」の「洪水」から地図情報による確認ができますので、ハザードマップの縮尺では見にくい方は「鎌倉市防災情報マップ」をご利用ください。 洪水は河川の水位が上昇し、堤防が決壊して川の近くが浸水すると想像できますが、実は「近くに川はないから心配ないわ」と見落としがちなのが内水氾濫です。 そのため、神奈川県では、それまで想定していた津波の規模などについて再検証を行い、平成24年3月には「最大クラスの津波」を想定した浸水予測図を公表しました。 ブラウザ:IE8以降、FireFox最新版、Google Chrome最新版、Safari最新版 上記以外のブラウザでも表示できますが、一部の機能が制限される場合があります。 神戸川水系神戸川(令和元年12月20日公表)…想定降雨量:神戸川流域の24時間雨量309mm• 滑川水系滑川(令和2年4月28日公表)…想定降雨量:滑川流域の24時間雨量309mm• 【洪水ハザードマップのダウンロード】. 低解像度• 2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。

次の

土砂災害・洪水ハザードマップ(平成25年度作成)|藤沢市

藤沢 ハザード マップ 洪水

(高解像度版)津波ハザードマップ(平成25年度作成)• 洪水ハザードマップの概要• 河川管理者である神奈川県が、水防法の規定に基づき指定・公表したデータを表示しています。 (低解像度版)津波ハザードマップ (平成25年度作成)• 282• 水害時緊急避難場所 第1次、第2次避難場所・避難所に到達できない時に、緊急に避難する場所 市内の避難場所・避難所、水害時緊急避難場所は、下記のページにてご覧いただけます。 ・ 自宅から避難施設までの安全な避難経路を確認しましょう。 更新日:2019年7月1日 取手市洪水ハザードマップ 取手市洪水ハザードマップ利根川版、小貝川版を新たに作成しました。 下記のリンク先で、各種地図選択の中から「津波防災マップ」をクリックしていただき、ご利用ください。 更新日:2020年1月23日 洪水浸水想定区域図(想定最大規模) 神奈川県が公表している「想定し得る最大規模の降雨」を対象に作成した洪水浸水想定区域及び土砂災害警戒区域が確認できます。

次の

取手市/取手市洪水ハザードマップ

藤沢 ハザード マップ 洪水

・ 避難先の広域避難施設を確認しましょう。 ガラケーでも見られるようになっています。 メールアドレス:mm fuji-anshin. 全体図 洪水ハザードマップ記載内容の一部変更について (重要) 避難所の追加やサイトのURL変更などにより、洪水ハザードマップに記載している内容の一部に変更が生じています。 なお、平成30年度から平成31年度にかけて、神奈川県において小出川・千ノ川の想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域の公表が予定されております。 浸水予想区域を示すとともに、洪水が発生した場合の破堤、はん濫などによる市内の浸水深度・浸水範囲予想や、避難情報を掲載しています。

次の