陽水 トリビュート。 『井上陽水トリビュート』ジャケ、とんだ林蘭&小川学がコラボ 応募企画も

楽天ブックス: 井上陽水トリビュートアルバム

陽水 トリビュート

それこそが人選の意図でもあるのだろう。 概要 [ ]• - 46. 2004年10月20日に先行シングルとして発売された。 『』にて、井上との共演でリメイク。 ほとんどライブ録音のようにすることによって、よりロックンロールな、ブルージーな「クレイジーラブ」になったと思います。 2ndアルバム「愛・自分博」でHIP HOPソロアーティストとして史上初のオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。

次の

[Album] 井上陽水トリビュート / オムニバス (2019/MP3/RAR)

陽水 トリビュート

70年代後半から80年代にかけては、他の歌手に提供した曲がチャートをにぎわせてゆく。 トリビュートアルバムというのはどういうものかという見本のようなアルバムだった。 大人になることというのは、世の中とは無関係に生きて行けないと知ることでもあるかもしれない。 - 21. 元々「Pi Po Pa」でどのように参加したのか、随分昔のことなので記憶が曖昧だったこともあり、敢えてオリジナル音源を聞かずに今の気分で音を活性化してみました。 ついでに、以前から耳にはしていて良さげだなーと思いつつ、ちゃんと聞いていなかった 米津玄師も聞いてみた。

次の

『井上陽水トリビュート』全15曲のダイジェスト公開

陽水 トリビュート

井上陽水トリビュート 2019. 収録曲 [ ]• - 3. 1984年10月24日リリース• 今の音楽シーンを映し出したようなビビッドな人選と選曲、そして、彼らの解釈。 詳細は『井上陽水トリビュート』特設サイトで確認しよう。 曲の後半には、サルサ特有のスペイン語によるコーラスと歌の掛け合いが出てきます。 企画の詳細は『井上陽水トリビュート』特設サイトをチェック。 最終的には、改めて井上陽水の音楽の懐の深さを思い知らされて、井上陽水のオリジナルアルバムを聴きまくることになるのでした。 ずいぶん前に『Mステ』でご一緒させていただいた時、隣に座られてた陽水さんから「福山くん長崎だよね? 九州で先輩といえば親も同然だから」と。 80年代にテクノ系音楽を取り込んできた実験の到達点的作品。

次の

『井上陽水トリビュート』全貌発表+参加全15組よりコメント到着

陽水 トリビュート

井上陽水さんのようなパンチのある歌詞ができればいいな」とコメントをしています。 しかも、ぱっと聞きは完全に若い優男の声なのに、 実は若い女性シンガーソングライターらしい。 - 35. 04 Bitrate: MP3 320 KBPS 1. 27 Release UPCH-2198 税抜:3,000円 収録内容: 1.ヨルシカ 「Make-up Shadow」 2.槇原敬之 「夢の中へ」 3.King Gnu 「飾りじゃないのよ 涙は」 4.椎名林檎 「ワインレッドの心」 5.宇多田ヒカル 「少年時代」 6.ウルフルズ 「女神」 7.田島貴男 ORIGINAL LOVE 「クレイジーラブ」 8.福山雅治 「リバーサイド ホテル」 9.細野晴臣 「Pi Po Pa Reiwa mix 」 10.iri 「東へ西へ」 11.SIX LOUNGE 「Just Fit」 12.斉藤和義 「カナリア」 13.オルケスタ・デ・ラ・ルス 「ダンスはうまく踊れない」 14.ACIDMAN 「傘がない」 15.KREVA 「最後のニュース」 COMMENT コメント 陽水さんにはウルフルズ のレコーディングに参加してもらった事がある。 15人のトップアーティストが参加 参加者した人たちをアイウエオ順に挙げるとACIDMAN、iri、宇多田ヒカル、ウルフルズ、オルケスタ・デ・ラ・ルス、King Gnu、KREVA、斉藤和義、椎名林檎、SIX LOUNGE、田島貴男、福山雅治、細野晴臣、槇原敬之、ヨルシカ、という15人だ。 活動が世界に認められ国連平和賞をはじめ国内外で数々の賞を受賞し、1995年にはグラミー賞にもノミネートされた。 70年代初頭、まだシンガーソングライターという言葉すら定着してなかった時代。 1月から9月08日 クレバの日 まで9ヶ月連続リリースを敢行し、第6弾ニューベストアルバム『成長の記録~全曲バンドで録り直し~』を6月19日リリースし、日本武道館にてワンマンライブを開催。

次の

KingGnuが井上陽水のトリビュートアルバムに参加!!その意気込みは??

陽水 トリビュート

彼は、テレビにも出ず週刊誌の取材も受けないサングラスにカーリーヘアーという神経質そうな若者だった。 言葉で表現するのが難しいんだけど、 曖昧さが井上陽水の曲の魅力なのかも。 それから、「氷の世界」「I will」「SAKURAドロップス」のカバーやライブなどでご一緒させていただきました。 SIX LOUNGE「Just Fit」 12. 自分の親父が井上陽水が好きだったので、子供のころから馴染みのある曲も多い。 ジャンルもレコード会社も同じではない一世代も二世代も若いバンドやアーティスト。

次の

井上陽水トリビュート特設サイト

陽水 トリビュート

しかし、正答者は1名のみだったという。 ジャケットにはアートデイレクターのとんだ林蘭と、ワイヤーアート作家の小川学が参加。 - 19. iri 「東へ西へ」 11. キャリアの一番浅いのは今年メジャーデビューしたばかりのバンド、SIX LOUNGE。 おススメの4曲 10:『東へ西へ』 iri このアルバムの中で一番カッコいいと思った曲。 SIX LOUNGEが演奏する「Just Fit」は、沢田研二に書いた曲だ。 先日、レッチリのジョン・フルシアンテが復活するという記事を書いていて、「最近はあまり名アルバムがないなー」ってなことを書いた。 椎名林檎「ワインレッドの心」 5. 小川学が井上陽水をワイヤーアートで表現した作品などが写し出されている。

次の