ニフェジピン。 一般名処方がわかりにくい、この薬はなに?PL、ニフェジピン、ビタメジンなどの一般名がわかりにくものについて

医療用医薬品 : ニフェジピン

ニフェジピン

0 食後投与 ニフェジピンCR錠40mg「サワイ」 79. となっています。 腎血管性高血圧症に対する有効率は77. 78%• 日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。 ただ過降圧になる症例もあり、高齢者には半分の20mgくらいから投与して様子をみながら増量している。 血液透析療法中の循環血液量減少を伴う高血圧• と出て来れば問題ないが、ちょっと迷う可能性もあるでしょう。 過敏症• 患者の状態を注意深く観察し、血圧上昇や狭心症発作の悪化等の症状が認められた場合、他剤への変更又はリファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピンの投与を中止するなど適切な処置を行う。 また、妊娠20週以降の妊婦は治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用します。

次の

ニフェジピンL錠10mg「サワイ」│お薬事典│ニフェジピンL錠10mg「サワイ」の詳細情報ならここカラダ

ニフェジピン

ジェネリック医薬品であるニフェジピンもこれらと同様の副作用発生率があると考えられます。 なお、前述の通り軟カプセルであるため、脱カプセル(カプセルを外して中身を出すこと)はできません。 5時間で半減しますので、1日2回飲む必要があります。 最後にニフェジピンCRの特徴を見てみましょう。 逆に言いますと、腸管から血液中に吸収された後は、半減期3~4時間程度で血中濃度の上がり下がりを繰り返す製剤と捉えることもできます。

次の

一般名処方がわかりにくい、この薬はなに?PL、ニフェジピン、ビタメジンなどの一般名がわかりにくものについて

ニフェジピン

そのため、 最初は低用量(アダラートCRを1日10mgから始めるなど)で薬をスタートさせる必要があります。 妊娠中・授乳中の使用 妊娠20週未満または妊娠している可能性のある方には使用できません。 。 ・血圧が下がるから。 まず、他の降圧剤と併用すると相互に血圧低下を招く恐れがあります。 また、製造販売元と発売元等が異なる場合、または複数社より併売の製品については、いずれか1社のみ参考までの表示です。 9 4. アダラートカプセルの舌下投与 特に血圧が高いことによる不都合な病気としては、高血圧緊急症があります。

次の

ニフェジピン|3つのタイプについて解説します

ニフェジピン

得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 7 後発 - ニフェジピン錠10mg「ツルハラ」 錠 5. 安定性(その他)• 重篤な副作用として、などが起こる。 下肢浮腫 、 顔面浮腫 、 胸部痛 、 頻脈 、 頻尿 、 発汗 、 悪寒 、 頭痛 、 眩暈 、 倦怠感 、 眠気 、 不眠 、 脱力感 、 筋痙攣 、 四肢しびれ感 、 異常感覚 、 振戦 、 悪心 、 嘔吐 、 便秘 、 上腹部痛 、 下痢 、 腹部不快感 、 口渇 、 胸やけ 、 食欲不振 、 鼓腸 、 過敏症 、 発疹 、 そう痒 、 光線過敏症 、 紫斑 、 血管浮腫 、 歯肉肥厚 、 代謝異常 、 高血糖 、 貧血 、 白血球減少 、 呼吸困難 、 咳嗽 、 鼻出血 、 鼻閉 、 女性化乳房 、 視力異常 、 霧視 、 眼痛 、 筋肉痛 、 関節痛 、 関節腫脹 、 勃起不全• 2.妊婦(妊娠20週未満)又は妊娠している可能性のある婦人。 肝臓: 頻度不明 AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 、Al-P上昇、黄疸[投与を中止する]。 患者の状態を注意深く観察し、過度の血圧低下等の症状が認められた場合、本剤を減量するなど適切な処置を行う。 より新しい徐放剤(Gastro-Intestinal Therapeutic System、GITS)を用いて、血圧に対する効果を検証するINSIGHT臨床試験 や狭心症に対するACTION臨床試験 が実施されている。

次の

ニフェジピン製剤のアダラートLをセパミットRに変更して問題ないか?(薬局)公益社団法人 福岡県薬剤師会 |質疑応答

ニフェジピン

(添付文書やいたビューフォームには半減期7~11時間程度と参考値が記されていますが、実際の血中消失半減期は2~4時間程度です) 一方で、ニフェジピン(アダラート)CR錠の場合は、効き目が非常に早いタイプです。 を服用患者の症候的または実測値的高血圧クリーゼに多く処方されていた時期がある が、危険性が認識される様になってからは使用されていない。 Dis. 一方でニフェジピンは現在ではほとんど用いられる事はありません。 アダラート(ニフェジピン)の作用機序:高血圧治療薬 高血圧では血管に高い圧がかかるため、血管に大きなストレスをかけてしまいます。 しかしニフェジピンの強い降圧力(血管を広げる作用)は大きなメリットであるため、「ニフェジピンをもう少し緩やかに長く効かせる事は出来ないか」という事で開発されたのが、ニフェジピンL錠です。

次の

ニフェジピン(アダラート)の効果がでるまで

ニフェジピン

シメチジン[本剤の血中濃度が上昇し作用が増強されることがあるので、患者の状態を注意深く観察し、過度の血圧低下や頻脈等の症状が認められた場合、本剤を減量又はシメチジンの投与を中止するなど適切な処置を行う シメチジンが肝血流量を低下させ、本剤の肝ミクロソームでの酵素代謝を抑制する一方で、胃酸を低下させ、本剤の吸収を増加させるためと考えられている ]。 そのため、 肝代謝酵素CYP3A4へ影響する薬との併用は注意が必要です。 ちなみに本態性高血圧以外の高血圧は、二次性高血圧と呼ばれます。 大動脈弁狭窄、僧帽弁狭窄のある患者、肺高血圧のある患者[血管拡張作用により重篤な血行動態の悪化を招く恐れがある]。 (過量投与) 1.徴候、症状:過量投与に関する情報は少ないが、主要な臨床症状として過度の血圧低下等が引き起こされる可能性がある。 ニフェジピン(アダラート)CR錠の特徴まとめ 外来を受診して血圧が非常に高いために、初めて降圧剤を飲む患者さんの場合、ニフェジピン(アダラート)CR錠を服用すると初日から十分な降圧効果が期待できます。 またダイレクトに血管に作用するため、その他の部位に作用しにくく、安全性に優れ副作用も多くはありません。

次の

ニフェジピンの効果と副作用|CR錠、L錠の違いとは|【降圧剤】

ニフェジピン

一方で妊婦はどうかというと、妊娠20週未満の方や妊娠する可能性のある人は投与禁忌となっています。 高度左室収縮機能障害• ニフェジピンはカルシウムチャネルの入り口に蓋をしてしまうようなイメージで、これによって平滑筋細胞内にカルシウムイオンが流入できなります。 5 後発 三和化学 ニフェジピンCR錠40mg「サワイ」 錠 19. 血小板減少• 開発の経緯 [ ] 当初は ()の( ())として発見された。 247• このときは過度の血圧低下や胎児胎盤循環への悪影響を回避するため、アダラートカプセルではなくアダラートLやアダラートCRなど長時間作用型の薬を活用する必要があります。 ジゴキシン ジゴキシンの血中濃度が上昇することがある。 。 ただし、適応外ではありますが、アカラシアや小児の高血圧に使われるという利点もあります。

次の